完全なる失敗 PENTAX ME, 28mm F3.5
a0022814_2235494.jpg
  日本橋三越 PENTAX ME, SMC PENTAX-M 28mm F3.5 VENUS400

一年以上前にヤフオクで落札したものの、まだ一度も使っていないレンズが何本か防湿庫で眠ったままになっています。これはいけないことなので、今日やっと持ち出してテスト撮影をしてみました。あいにく薄曇りだったんですが、日本橋に行く用事のついでに日本橋界隈をスナップしてみました。
カメラはPENTAX ME、レンズはSMC PENTAX-M 28mm F3.5。フィルムはカラーネガSUPERIA VENUS400です。

a0022814_2210524.jpg
  日本橋三越 PENTAX ME, SMC PENTAX-M 28mm F3.5 VENUS400

それでですね、えーと、さんざんな結果でありました。
みんな2段ほどアンダーで、おまけに極端な低コントラスト、とても見られたものではありませんでした。こんなひどい結果は初めてです。がっくりきました。しかしこれも古いフィルムカメラで撮っていればままあることだと思い直して、今は立ち直っていますのでご安心ください(笑)
しかし、原因はなんでしょう?
レンズは綺麗でキズも曇りもない。
それなら、カメラのせいでしょうか?
(カメラマンの腕についてはとりあえず不問とする)。
露出の失敗によるアンダーはわかるとしても、極端に低いコントラストはなぜか?

a0022814_22122991.jpg
a0022814_22152077.jpg

PENTAX-M28mmには明るいF2.8もあるのに、F3.5の方が写りが良いと聞いたので、暗いのを我慢してF3.5を選んだだけにショックです。
単に古いカメラの測光精度がおかしいだけなのか。しかし、PENTAX MEの測光はたぶん中央部平均測光なので、ニコンほどスポット性は高くないから露出の失敗はあまり考えられない(ネガカラーでもあるし)。
しかたないので、なんとかなりそうなカットを、スキャナとフォトショップを駆使して救出してみました。描写としては当然良くないですが、しばらく見ていると、階調の破綻やカラーバランスの崩れ、補正による粒子荒れが、これはこれでひとつの味として見えてくるからおもしろいものです。写真は奥が深いなあ(笑)
…そんな甘い結論ですませていいのか、酔鯨君!

a0022814_22134657.jpg
歪曲の少なさは立派です

ペンタックス・ボディはもう一台PENTAX ME Superを持っているので、次回はこちらのボディで試して原因をさぐろうと思っています。
結局、腕が悪いだけだった、という結論になったりして…
by ondtp | 2006-01-17 22:27 | カメラ的日乗
<< 「ごめん」の一言が言えないあな...  お願い >>