「さらばフィルムカメラ」…って、言ってます
今日の東京は朝から穏やかな晴天です。
片づけものがたまっているんですが、これだけ気持ちのいい天気だとカメラを持って出かけたくなります。

●追記 16:30pm
暖かそうだったので軽い上着で出かけたら、やけに冷たい風が吹いていて震えあがりました。この時期は油断禁物ですな。

a0022814_10455352.jpg
 荒川河口付近 Minolta X-700 MD28mmF2.8 Kodak Gold400

テレビまでが「さらば銀塩カメラ」という特集を組む時代になってしまいました。
ゲストの浅井慎平氏が司会者からフィルムの良さを質問されていましたが、説得力ある答えになっていませんでした。無理もないことで、表現や感性にかかわる内容を言葉で説明するのは不可能に近いです。「粒子と記号の違いだ」なんて言われてもね(笑)
きれいで便利なデジタルの方が良いではないか、と言う人にフィルムの良さを伝えるのは誰にとっても至難の業です。フィルム派にとっては暗く辛い氷河期がやってきます(きました)。

a0022814_11193573.jpg
    Minolta X-700 MD28mmF2.8 Kodak Gold400

そんなおり、ニコンが異例の発表を行いました。先日のラインアップの見直し発表の反響(反発)が大きかったことへのリアクションだと思われます。
銀塩から完全撤退するわけじゃない。という趣旨ですが、F6とFM10だけしか残さないし、新機種の開発もしないわけですから、正直なところ辛い弁明だと思います。しかし、こうした異例の弁明までして銀塩カメラのリーディングカンパニーとしてのプライドと責任を示して踏ん張ってくれたのはうれしい限りです。さすがニコンです。先輩たちが築きあげてきた伝統は大切にしなきゃいけません。某メーカーはあっさりと長い歴史を捨て去ってしまいましたが…。
出来れば、フィルム派が元気になるように、かっての人気機種の記念版を出し欲しいところです。ニコンSのようなコレクター用のバカ高いカメラじゃなくて、FM2やFE2、EMといった実用機を現代最新技術でブラッシュアップした復刻版が望みです。例え買わなくても発売してもらえるだけで元気が出ます(←買わなきゃだめだろ)。
*考えてみれば、FM3AがFE2とFM2の現代版でしたね。短命でした((ToT)
生産終了が発表されてからヤフオクの価格が高騰しています。いつものことですが、欲しければ生産が終了する前に買ってやればメーカーもハッピーだったのに…
by ondtp | 2006-02-05 10:33 | カメラ的日乗
<<  禁断のフォーマットへ… &S... Black&White もいいね。 >>