カテゴリ:Dimage A1( 1 )
2月23日(水) 関東地方は春一番が吹いたそうです。

今日はまだ部屋から出ていないし、窓も開けていないので気温はわからない。しかし、ラジオは関東地方と東北地方に春一番が吹いたと伝えている。
銀座のデパートで中古カメラフェアが今日から開催される。ぶらりと覘いてみようと思っている(欲しいカメラはいまのところないから何も買うつもりはない)。
外付けハードディスクはリカバリーできないままだ。


トラウマとなったカメラ
KONICA MINOLTA   Dimage A1
a0022814_11292323.jpg

オールインワンタイプのコンパクト機が欲しかった。一台でなんでもまかなえる便利なカメラが欲しかった。その第一候補がDimage A1だった。
希望どおりのカメラに思えた。
コンパクトボディに広角28mmから200mmまでの高倍率ズーム。それもコンパクト機にはめずらしく手動ズーム。手ぶれ補正機能(anti-shake)が付いており、500万画素、2/3型CCD、Raw撮影も可能。

これなら理想的だ。そう思った。

2004年正月明け早々の1月5日、ビッグカメラ有楽町店で発売日に購入した。
思えば、このカメラがその後のカメラ遍歴の始まりとなってしまった。不毛な浪費と落胆の日々をこの後一年間も過ごすことになるとは、この時は想像もしなかった。
この一台で決まり! そう思っていた。

正月気分の残っている町に出て、さっそくテスト撮影をした。手の中におさまるこのコンパクトなカメラを常時持ち歩いて何でも写せる! 手ぶれ補正機能があるから室内でも、夕方になってからも大丈夫だ。今年はこのカメラでいっぱい撮影するぞ、と胸を熱くした。
そして、テスト撮影の結果-----
むごいノイズにのけぞった。なんじゃこれは! 白トビもいきなりとんでいて不自然だ。RAWモードに切り替えてみてもあまり変わらない。気分は天国から真っ逆さまに地獄へ…

a0022814_1134441.jpg

1週間後にはヤフオクに出品していた。これが初めての出品だった。開始価格70000円。新品同様と書いて出品した。
売れるんだろうか? 
数時間後には入札があった。直後の質問欄に、00000円払うので(開始価格をかなり上回る金額だった)、早期終了しませんかとの問い合わせがあった。
「早期終了」ってなんだ? オークション詐欺ではないのか? と疑った。 しかし、金は先方が先に支払うわけだから詐欺はあり得ない(笑)。さっさと早期終了した。こうして初めての出品はめでたく落札された。
Dimage A1はこの後すぐ実売価格が大きく値崩れした。うまく売り抜けた!という気がした。けっこう高く売れるもんだなあと思った。しかし禍福はあざなえる縄のごとし。この初めてのオークションの「成功」が悪いクセになってしまった。
その後、デジカメ新品購入→失望→ヤフオク処分→また購入→また失望→またヤフオク処分…という悪魔のサイクルにはまってしまった。

このことがあってからコニカミノルタはわたしのトラウマとなった。

a0022814_11494290.jpg

追記:たしかにノイズの多さにこのときは驚いたが、今、冷静に考えてみれば2/3型の小さなCCDに7倍の高倍率ズームだから、特別悪いわけではなく、こちらの要求が不当に高すぎた面があったかもしれないと思っている。

Dimage A1
by ondtp | 2005-02-23 11:57 | Dimage A1