カテゴリ:Konica Revio( 1 )
2月26日(土) 今月は28日までしかないんだった…

今月は28日までしかないんだった。もう2月も終わりだ。
いつも言ってることだけど、本当に月日のたつのは早いなあ…
質問:仕事の締め切りが近づいてくると、仕事をしたくなくなるのは何故でしょう(笑)


驚異的な解像力のコンパクトカメラ
KONICA REVIO KD-510Z

a0022814_13101338.jpg

メーカーのサンプル画像をみて腰を抜かした。コンパクトカメラのくせに、な、な、なんとすごい解像力なんだ! 
素肌の透明感までも描き出す」という宣伝文句だが、確かにすごい! (描き出しているのはモデルの毛穴とヒゲだが…)。サンプル画像が20枚もあるのもメーカーの自信のほどを示している。

メーカーサンプル画像

コンパクトカメラなのに初心者には向かない変わったカメラである。
第一、測光方式が中央重点測光とスポット測光のみで平均測光がないのだ。おまけにシーンモードも省いている。コンパクトカメラでこんなのあり? 
マニュアル露出が可能で、マニュアル露出時には約15秒までの長時間露出ができる。フォーカスが1、2、4mに固定できる。彩度・コントラスト・シャープネスが5段階まできめ細かく調整ができる上、色合いの調整までできる。シャッター音はHEXAR RFの音を再現…とてもコンパクトカメラとは思えないこだわりようで、事実上素人さんお断りのカメラになっている。こんなカメラを作ったKONICAは偉かった。

a0022814_946326.jpg

起動時間も約1.3秒と高速だ。500万画素で1.8型のCCDは今となっては大きいと感じる。SDメモリーカードとメモリースティックが同時使用できる(メモリースティックは持ってないから関係ないけど)。バッグの隅にいつも携行できる小ささで、フルフラットの高級感のあるステンレス外装もいい感じだ。メーカー希望価格は88000円だった。今なら普及機の一眼レフに近い価格だ。高級コンパクトカメラだったんだなあ。
コニカ最後のコンパクトカメラの名機。

a0022814_9464020.jpg
どうですか。自動車のこの質感描写。

いいカメラだが、一方で欠点もある。

公称0.2秒ということだがレリーズタイムラグが長いため決定的瞬間を撮るのが難しい。これは最大の欠点だと思う。メニュー操作もわかりにくい。
欠点とは言えないが、マニュアル露出とはいっても、絞りは2段階しか使えない。広角側でF2.8とF4.7、望遠側でF4.9とF8.2の2段階のみだ。しかし、被写界深度が極端に深いコンパクトカメラなのでこれで問題はない。
それから、これは個人的な嗜好だが、スライド式のレンズカバーがどうも好きになれない。電源のON/OFFはボタンが一番いい。

a0022814_9472471.jpg
a0022814_1021793.jpg

a0022814_9512466.jpg

a0022814_1005886.jpg
スポット測光で意図どおりの露出が可能

デジカメらしいエッジのたった硬質画像だが、コンパクトカメラでこれだけの画質が得られるのは貴重である。新製品ばかり追いかけずに、定評のあるカメラに注目するのも悪くない。今でも見劣りせず十分使えるカメラである。今ならヤフオクで2万円台で入手できる。

KONICA KD-510Z
by ondtp | 2005-02-26 10:07 | Konica Revio