カテゴリ:CONTAX U4R( 2 )
1月23日(日) 昨日はとりたてて何もない一日でした。

週末ですが、どうということのないありふれた一日でした。

神楽坂へ行ってきました。撮影というより、ついでにコンパクト・カメラを持った気楽な散歩です(電車に乗って出かけるのも散歩と呼べるのならですが)。

今日は絵日記風に…。

a0022814_033129.jpg
神楽坂と言うだけあって、とにかく坂が多い(のぼり坂とくだり坂のどっちが多い? なんて古いジョークが昔ありました)

a0022814_042196.jpg
表通りはどこにもあるありふれた商店街だが

a0022814_045447.jpg
たった一本裏通りに入っただけで昔ながらの光景が

a0022814_06723.jpg
ひっそりと小さなお稲荷さんがあった。小さなコンデジでも一人前にスポット測光モードがあるのでこんな輝度差の大きな場合に助かる。

a0022814_064093.jpg
これから冬本番なのにもう咲いている

a0022814_071529.jpg
元はいいところの高級猫とお見受けしたが、ずいぶん野良猫歴が長い風貌になっていた。猫も人間も現実は厳しい

a0022814_074628.jpg
こんなところにも猫が

a0022814_0263138.jpg
いったい何頭いるのだ?

a0022814_08912.jpg
見慣れた狛犬とちょっと違う

a0022814_083638.jpg
ずいぶん怖い顔をしている

a0022814_010633.jpg
お昼になったので、今日はちょっとぜいたくに寿司などを…失礼してついでにビールも

a0022814_0104319.jpg
食後は、エスプレッソで腹ごなし

a0022814_0113157.jpg
実は、コンパクトカメラとは別に、CONTAX 139Qも持参していた…

a0022814_012298.jpg
このカメラ(CONTAX U4R)は逆光に弱い。けど、シャッタータイムラグは短い。狙ったとおりに自転車を止められた。決して使いやすいカメラとは言えない。露出補正が使いにくい、と言うより十字ボタンが言語道断に使いにくい。

a0022814_013757.jpg
神楽坂、名前の由来------


画像はすべてCONTAX U4R

このところコンデジはこのCONTAX U4Rを持ち出すことが多い。
デザインは気に入っているが、操作性に問題がある。とくに十字ボタンが小さすぎて使いにくく、いまだに慣れることができないでいる。誤操作頻発である。責任者出て来い!と言いたいくらい変な十字ボタンだ。
露出補正やISO感度、その他の機能設定操作もこの十字ボタンで行うのでストレスも小さくない。コンデジだから操作性には多少の問題はしかたないが、それにしても…
どう考えているのだCONTAXよ! コンデジだからみんなカメラにまかせっきりで使っていると考えているんじゃないだろうね。
by ONDTP | 2005-01-23 00:21 | CONTAX U4R
12月29日(水) 雪の一日でした
今日は朝から一日雪。
今年初めてダウンウエアを着て出かける。
やっと散髪。7777円也。

理髪店にて----------
「まゆげの長くなってるのを切っていいですか?」

歳をとると一般的に毛は少なくなるものだが、反対に長くなる場所があるらしい。
長くなってるまゆげを切っていいですかって? そういえばまゆげが妙に伸びた老人をよく見かけるなあ。
「老けたわね」とガールフレンドに言われたのはもう10年以上昔のことだ。しかし、本人に実感はそれほど無い。まだ身体は動く。毎週数回ジムに通って筋トレも欠かさない。だが、本人が自覚しなくても否応無しに老化を認識させられる残酷な瞬間。それはいつも外部からさりげなくやってくる。嗚呼…

a0022814_819579.jpg

a0022814_16552459.jpg
自動車のボンネットに積もった雪 CONTAX U4R
a0022814_18585795.jpg
a0022814_19131588.jpg
CONTAX U4R


●追記 20:00pm
たかが雪ぐらいで、わざわざ写真を撮るなんて、無意識だったけどやはり南国生まれなんだなあ自分は。

スーザン・ソンタグさんが28日死去。『写真論』は難解だった。



CONTAX U4R
a0022814_16291782.jpg
コンパクトデジカメに難しい注文をつける気はない。
精神衛生上よくないしね。
したがって、簡単にすませるつもりだけど言いたいことは少なくない。

すでに掲示板でもくりかえし指摘されている一番の問題点は、
フラッシュ発光禁止モードを保持できないことだ。電源をOFFにすると設定が解除されてしまう。電源をONにするたびにフラッシュを禁止に設定しなければならないのは手間だし、第一忘れてしまう。
人物スナップで思わずフラッシュが光ったりすると最悪だ。露出補正も同じく設定が電源OFFで解除されてしまう。初心者用ですからではすまされない。選択できるようにすればいいだけのことだから(連写モードにするとフラッシュは自動的に発光禁止になるので裏技的に使える)。

a0022814_16445986.jpg
SL300R にあってU4Rで無くなった機能=フラッシュ発光禁止の設定ロック、長時間露出、マニュアルフォーカス…
映画でも小説でも続編が正編より優れている例は少ないが、このカメラもどうして大事な機能を外したのだと疑問に感じるスペックダウンが多い。

デザインは確かにSL300R の方がストイックでシンプルだが、わたしはこちらの方が好みだ。これはあくまで好みだ。液晶モニタが2.0型なのもU4Rを選んだ理由のひとつだ。
店頭で「牛の皮には3層あって、カバンなどは下層を使っているがこのカメラは一番上層の高級な表皮を使っている」などという説明は不要だ。カメラ店でこんな説明は聞きたくない。もっと本質的なセールスポイントで売り込め!
十字キーの使いにくさは言語道断レベルだ。日付設定だけで10回は操作ミスして結局5分もかかってしまった。日付設定で5分! わたしが不器用なのか? 細くてきれいな指なのに(ウソ)
ひねったらスイッチONにならないか? できるだろう? なぜやらない!

a0022814_16482959.jpg
画質には期待してなかったので、もともとのハードルが低いということもあるが、これがけっこう好みの画質だった。ラッキー! よくも悪くもコンデジ画質だが、記憶色重視ではなくて、自然色で彩度も抑え気味だ。DIGICが好きな人には地味に見えるだろう。

もともと地味な画像なのに、わたしはさらにシャープネス・彩度ともマイナスにして使っている(この作例もそうだが、Photoshopで補正している)。
どういうわけかコントラストだけパラメータが無い。撮影後Exifを見てみると、コントラストが「ハード」「ソフト」などという表記になっている。
逆光などの場合は「ハード」、輝度差の大きな被写体では「ソフト」になるようだ。「ハード」「ソフト」はコントラストのことではなく、被写体の光の状態を示しているらしい。親切設計もいいが、これもユーザーが自由に設定できるようにしてほしかった。
しかし、このパラメータはけっこう優秀なようで、逆光でもそれなりにきれいな絵になる。
AWBも優秀だが、少し補正しすぎる傾向にある。

a0022814_16524814.jpg
これまでと違い今回は機能は不問に附し、デザインの好みだけで買った。過去のにがい経験からそうしたのだった。だから今回は多くは語るまい、文句はひかえよう、そう思っていたのに、これだけ文句を並べてしまった。反省。
デザインは気に入ってます。一番上層の牛革はやっぱりいいなあ(笑) 

発売後まだ日が浅いのにこんなに価格が低落することをCONTAXは真摯に受け止めるべきではないか。CONTAX T3も製造中止だというし、大丈夫か京セラ!

a0022814_20135416.jpg
ストリート・ミュージシャン
ノイズが多いという人もいるが、個人的には比較的ノイズは少ないように感じる。 
CONTAX U4R ISO400

by ondtp | 2004-12-29 18:00 | CONTAX U4R