カテゴリ:酔鯨的シネマ評( 12 )
  【酔鯨的シネマ評】 グッドナイト&グッドラック
「グッドナイト&グッドラック」
気に入った映画なので、今回はちょと長いです。

a0022814_12572327.jpg


アメリカという国は時々ヒステリックになるので困りものだ。
9.11テロでショックを受けてからというもの、「テロに屈しない」というキーワードを呪文のように唱え、先制攻撃すら正当化して全世界の緊張を高めてしまった。世界のスーバーパワーが先制攻撃を認めてどうする。

今から半世紀前のヒステリックな呪文は「反共」だった。
共産主義への漠然とした恐怖は、国内の共産党員やシンパへの弾圧をもたらした。本当に共産党員であってもなくても、疑いをかけられただけで職場から追放され社会的信用を失った。自分の疑いを晴らすため、友人・知人を共産主義者として密告するように強要された。当時、映画俳優組合の委員長の立場にあったロナルド・レーガンや、映画監督エリア・カザンはそうして仲間を密告した一人だった。
猜疑心と裏切りが横行する暗い時代が到来した。そうした時代の寵児がマッカーシー上院議員だった。かなりいいかがげんなこの男は共産主義への国民の不安や恐怖を利用してそれを煽り立て国民を引き裂いた。

映画はこのマッカーシー旋風(赤狩り)と、放送ジャーナリストの先駆者、エド・マローとの闘いを描いている。93分というコンパクトな映画なので、赤狩りの社会的背景や登場人物の説明はほとんどない。赤狩りやマッカーシーに不案内な人は、映画を観る前に資料にあたるか、もっとわかりやすく描いた映画を見ておくのもいいだろう。例えば、ロバート・デ・ニーロ主演の「真実の瞬間」(GUILTY BY SUSPICION)は、赤狩りに反抗した人間がどのように転落して行くかを描いている。ジム・キャリー主演の「マジェスティック」も赤狩りによって追いつめられたハリウッドのシナリオライターが主人公である。


a0022814_1320363.jpg結局、エド・マローはマッカーシーと赤狩りに勝利した。マッカーシーはマローとのテレビ論争に敗れ失脚する。しかしマローや彼の盟友であるプロデューサー、フレッド・フレンドリー(クルーニーが演じている)、マローを尊敬する若きスタッフ「マロー・ボーイズ」たちは、CBSを失意のうちに去ることになる。赤狩りには勝利したが、彼の理想とするテレビのあり方はその後も実現されることはなかったからだ。彼の報道番組はゴールデン・タイムを外され、かわって人気番組となったのは娯楽クイズ番組であった。マローはマッカーシーには勝ったが、さらに巨大な敵=商業主義に敗れ去ったのだった。経営陣と対立して孤立した末に放送界を去ったマローは57歳の若さで亡くなった。
余談だが、マローのテレビ番組はタバコ会社が提供していたので、彼は本番中もたばこを手にしたまま登場する。これにはびっくりさせられた。今のアメリカや日本のテレビでは考えられないことだ。そのせいかどうか、彼の死因は呼吸器系のガンだった。

この映画が白黒なのはマッカーシーが「本人」として登場するからである。
役者が演じるマッカーシーではなく、記録フィルムの中の本人としてか現れないのだ。そのマッカーシーの白黒の画面に合わせて映画も白黒にしたのだと思う。そうすることで記録フィルムの中のマッカーシーとフィクションである映画のシーンがシームレスにつながる効果をあげている。

a0022814_12575044.jpg
           デイヴィッド・ストラセアン演じるマロー。最高です。  

日本でマッカーシーや赤狩りを知る世代は団塊の世代かその下あたりまでだろうか。若い人はどの程度知っているのか気になるところだ。監督のジョージ・クルーニーは1961年生まれなので、団塊の世代より一回り若い世代だが、彼の父親がテレビキャスターをつとめており、彼自身も大学時代にはジャーナリスト志望だったこともあってこの時代に関心が高かったようだ。彼は脚本も共同執筆していて力の入れようがうかがえる。
この映画は赤狩りがひとつのテーマになっているが、共産主義に勝利した現在のアメリカで赤狩りは今日的なテーマではあり得ない。クルーニーがこの映画で本当に伝えたかったことは、むしろテレビ報道番組の商業主義化へのオブジェクションだったのではないか。
今日の識者の多くはテレビニュースがますますバラエティ化し、視聴率を稼ぐドル箱として期待されるようになっている現状に危機感を抱いている。テレビニュース番組の娯楽化と、コマーシャル偏重の番組構成は日本でも目に余るのものがあり、個人的に苦々しい思いでいるのだが、長くなるのでそれはまた別の機会に話したいと思う。

a0022814_12581751.jpg
           本物のエド・マロー 

「グッドナイト&グッドラック」というのは、番組のクロージングでのマローの決めセリフである。
ちなみに、クロンカイトは「That's the way it was.」という言葉で締めくくった。筑紫哲也が「今日はこんなところです」と言っているのはクロンカイトへのオマージュである。
by ONDTP | 2006-06-11 12:58 | 酔鯨的シネマ評
 【酔鯨的シネマ評】 介護という今そこにある問題
a0022814_1122490.jpg
51歳の息子が同居している78歳の認知症の母親を殴り蹴りして死なせた。
と今朝の新聞記事にある。
「言うことを聞かないので頭にきた」 
のが直接の動機だった。


私の母も軽度の認知症になってしまった。離れて暮らしているので詳しくはわからない。まだ元気な父と義姉がめんどうを見ている。正月に帰省した時の母は、普通に受け答えできるし、奇行も、近所を徘徊をすることもない。一見問題ないように見えた。しかし父の話では、食事を作ることもしなくなったし、それまでの日課だった仏壇への祈りもしなくなった。少し前のことをすぐ忘れるようになった。一日の大半をぼんやりとテレビの前に座っているという。
「少しは歩かないとダメだよ。」
と私が母に言うと、
「歩いたらいかん」
とすかさず父が反論した。
「歩かないと寝たきりになるよ」
「歩いたらよけい悪くなる」
口数の少ない父はそれ以上言口にしなかったが、私は父の言わんとするところを理解した。適度な運動が体に良いと言えるのは、それなりに健康な人間に当てはまることで、母は歩くことさえ耐えられないほど弱っているのかもしれなかった。
「お母さん、足が痛い?」
と訊くと
「どこもかしこも痛い」
と母は答えた。
わたしは軽いショックを受けてそれ以上なにも言えなかった。


昔、「私つくるひと、あなた食べる人」というテレビコマーシャルが話題になった。このコマーシャルはジェンダー論者やフェミニストからバッシングを受けた。食事を作る人間を女だと決めつけるのはけしからんという理由からだ。
「明日の記憶」でも倒れるのは夫で、介護するのは妻というステレオタイプの設定になっていたが、それほどジェンダーを指摘する声が聞こえてこないのはなぜだろう(「恍惚の人」も84歳の老人を介護するのは息子の嫁だった)。現実には妻の方が認知症になるケースも少なくないし、昔より共働きが増えているはずなのに。
試しに「彼女は献身的に介護した」で検索してみた。その後、「は献身的に介護した」でも検索してみた。その結果はご自分で確認してみてもらいたい。
献身的な妻の介護が、暗いテーマの映画にいくばくかの救いを与えているのは確かだ。しかし、認知症や介護問題を妻や嫁の献身的な「愛」で解決させるストーリーはもはや現実離れした男の幻想や願望ではないのか(そうでなければけっこうだが)。
今朝の新聞記事にあったように、介護に疲れたあげくの悲劇の方が、より身近な現実なのではないだろうか。

「きみに読む物語」は妻が認知症になり、夫が介護する映画だった。
「明日の記憶」、「きみに読む物語」ともに、介護環境に恵まれすぎているため「介護ファンタジー」と揶揄する向きもある。
by ONDTP | 2006-05-29 11:24 | 酔鯨的シネマ評
 【酔鯨的シネマ評】 内省的な「ニューワールド」
【ネタバレ。でも今回は読んだ方がいい】
a0022814_056865.jpg

ヨン様も裸足で逃げ出す純愛(ファンタジー)ドラマだった。
美しく豪華で壮大なスケールの映像ながら、テレンス・マリックの地味な演出のせいで、物語がドラマチックになるのをこれでもかとばかり押さえこまれている。波乱に富んだ歴史スペタクルを期待するとなんじゃこりゃとなることは必至だ。
こんな大作映画でよくもこれだけの地味な演出ができたものだ(脚本もマリック)。まるでミニシアターの文芸作品のようだ。興行的失敗は覚悟の上の演出であるのは明らかだ。さすがは芸術家マリック監督、妥協はしない。
ナレーションによる内省的な心理描写は、言葉の通じない二人のコミュニケーションを表現するための新たな手法か。最初はとまどったが、そうとわかれば納得。(昔のハリウッド映画は宇宙人でさえ当然のように英語をしゃべっていた。)
暖衣飽食し、犬のような恋愛をしている現代人には「清貧の思想」的な刺激になるだろう。韓国の純愛映画が好きな人はこの映画も楽しめるはずだ(←韓国映画を観たことがないので単なる想像)。コリン・ファレルもいいが、クリスチャン・ベイルが出色の演技だ。最初はトム・クルーズかと思った。ファレルとベイルの役を逆にするとよかったかもしれない。
地味な映画であることを承知の上で観れば退屈することはない。上質の映画である。ビデオになったらもう一度観たい。
by ondtp | 2006-04-29 00:59 | 酔鯨的シネマ評
 黒木和雄監督逝去
映画監督・黒木和雄氏逝去。享年75歳。
1975年制作の「祭りの準備」は、わたしの故郷・土佐を舞台にしていたこともあって個人的な思い入れの強い好きな映画でした。「龍馬暗殺」もなんども観ました。原田芳雄のファンになったのはこれらの映画を観てからです。
骨太の映画監督でした。
合掌。
by ondtp | 2006-04-13 11:19 | 酔鯨的シネマ評
ナルニア国物語 ライオンと魔女
a0022814_6305477.jpg衣装ダンスの向こうは100年の冬に閉ざされたナルニア国だった。不思議な運命に導かれて少年たちの冒険の旅が始まる…
三大ファンタジーのひとつとされるC・Sルイスの「ナルニア国物語」の映画化。

「ハリー・ポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」が大人も楽しめるファンタジー映画だったのに比べると、この映画ははっきりと子供映画です。
小さなお子さんをお持ちの親御さんはぜひ連れて行ってあげて下さい。見事な特撮技術による、動物や神話上の生物、モンスターたちの姿はファンタジーの素晴らしさを子供たちの心に焼き付けるにちがいありません。兄弟が力を合わせて困難を乗り切る話です。ウオルト・ディズニー映画ですから残酷なシーンもありません。
わたしは円谷プロの特撮で子供時代を過ごした世代です。アナログ時代の特撮としては円谷プロの特撮も素晴らしいものでした。しかし、もし現代のデジタル技術による特撮が当時あったら、ファンタジー映画はもっと素晴らしいものになっていたかもしれません。
この映画の中で、特にライオンの王アスランの勇姿は神々しいほどに見事なものでした(実際このライオンはキリストの暗喩です)。子供に強い印象を残すにちがいありません。単調な展開は大人にはちょっと退屈ですが我慢しましょう(笑)

この原作はキリスト教臭が強いことを親は知っておいたほうがいいですね。キリスト教的世界観と暗喩がたくさんありますから、映画が終わったあと子供の質問に答える際にキリスト敎の知識が必要になるかもしれません。
by ONDTP | 2006-03-23 06:40 | 酔鯨的シネマ評
 「愛と死をみつめて」から42年かあ‥
a0022814_10343099.jpg「愛と死をみつめて」は調べてみると1964年制作ですから、わたしは中学生でした。あれから42年かあ‥、ずいぶん遠くまで来てしまいました。
映画の内容はなにも憶えていないですね。記憶にあるのは、「マコ、甘えてばかりでごめんね」の歌詞と、モノクロのスクリーン、映画館の暗い館内、眼帯をした吉永小百合の顔のアップ、浜田光夫の学生服ぐらいです。死なんて自分の周囲にはありませんでしたから、実感のない遠い存在でした。おもしろかったとも、おもしろくなかったとも、何の記憶もありません。これはつまり、映画には感動しなかったということですね。
ただ、当時は田舎では喫茶店にはいるのも不良と思われた時代ですから、映画館の暗闇の中で映画を見る行為はそれ自体が祝祭のようなもので、今とは映画の重みが違いました。

今夜、テレビのリメイク「愛と死を見つめて」が放映されます。
ヨン様ブームで火がついた純愛ドラマの一環ですね。ヨン様ファンの中心は中年女性ですから、純愛ドラマブームを支えているのは中年女性でしょう。若い男女たちは愛多き人生を歩んでいるんじゃないですか。物質的豊かさと軽い恋愛感の時代における「愛と死をみつめて」は、どんなドラマになるんでしょうか。貧困はドラマに仕立てやすいですが、今の豊かな時代はこのドラマの背景としてはどうなんでしょうね。単に純愛「時代劇」になるのか、現代風にアレンジされるのか興味があります。オリジナル映画は文通の時代です。アレンジするにしてもまさか文通をケータイやメールにしないでしょうね。やめてくれよそれだけは。
わたしは中年男ですが、わたしも純愛が欲しいです。お互いを思いやり、手をつなぐだけでいいんです。でも、相手は若い女性がいいかなあ(笑)

追記
:広末涼子はわたしと同郷で、応援している女優さんですが、今回のキャスティングは彼女でよかったのかなあ。イメージ的にはあっていると思いますが、すでに彼女は一児のお母さんですからね。

愛と死を見つめて
唄 青山和子 作詞 大矢弘子・作曲 土田啓四郎
by ONDTP | 2006-03-18 10:38 | 酔鯨的シネマ評
 受け入れられない結末 「エミリー・ローズ」  3-16
夜になって雨になりました。
今、台風のような強い風が吹いています。

a0022814_23323464.jpg

【ネタバレ注意】
映画の評判はいいようだ。実話だそうだが、それは裁判の争点が悪魔ばらいだったというだけで、映画の内容は脚色されているのだろう。ドキュメントじゃないから当然だけど。

悪魔にとりつかれる前からジェニファー・カーペンターの顔は怖かった。
とりつかれる前の可愛い場面がもっとがあるとよかったと思う。
彼女の演技を見るだけでも映画館へ行く価値がある。こんなすごい役を演じて、次の仕事が来るだろうか。よけいな心配をしたくなるほど迫真の演技だった。
たしかに、エクソシストやオーメンなどのエンターテイメント系オカルト映画とはひと味違う。役者もいい。この手の映画にしては地味な演出ながら、中だるみもなくおしまいまで恐怖とサスペンスを楽しめた。
しかし、つっこみどころもある。
弁護士の身の上にまでオカルティックな出来事が起こるのはおかしい。
そして、何よりもエミリー・ローズの秘密、彼女が選択したある決断、神父が自己を犠牲にしてまでも公にしたかった彼女の隠された事実、この映画のクライマックスである告白…それがまったくわたしには受け入れられなかった。反感さえ感じた。
自分がつくづく無神論者であることがあぶり出された映画だった。悲しいまでにババチ当たりだなあ、オレって。
ま、わたしのこの人生、すでにバチが当たってるのかも…


追記
この映画の結末がわかって、「ヨーク軍曹」を思い出した。
「ヨーク軍曹」は、第一次大戦で活躍した実在の人物を描いた1941年のアメリカ映画で、ゲイリー・クバーが主演だった。
若きヨークは、何物にも縛られない自由人だったが、ある時信仰に目覚め、殺すなかれの信仰と戦争の殺戮の間で苦悩する。しかし、真の自由を守るためには敵を殺すのもやむなしと悟って、ヨーロッパの戦地に赴き、敵を殺しまくって英雄になる…そういう映画だ。
当時実際に第二次大戦の最中だったから、この映画も戦意高揚を目的としていた。だから、しかたないのだが、海を渡ってヨーロッパまで出かけて行き、相手が攻撃してきたから正当防衛で反撃したと言う論理にはあきれた。しかし、この考えは今のブッシュ政権内でもごく普通にまかり通っている考えだからアメリカは当時とちっとも変わっていない。
この映画のキリスト教的解釈の身勝手さと、ヨーク軍曹の都合のいい考えがそっくりだったので、思い出したのだと思う。
by ONDTP | 2006-03-16 23:39 | 酔鯨的シネマ評
酔鯨的シネマ評 『フライトプラン』
強すぎるよジョディ。
a0022814_21221112.jpg

【ネタバレ注意】
予告編のおもしろい映画ほどつまらない場合が多い。経験から来るわたしの持論だ。
「フライトプラン」の予告編を観たとき、飛行機の中だけでどうやって2時間も保たせるのだろうと心配になった。この手の密室モノは前半は良くても後半まで保たないのが通例だ。前半は、後先考えずに好きなだけ秘密を盛り込むものだからおもしろい。しかし、結局それを展開するアイデアも無く納得のいく整合性もとれないまま終わってしまうパターンがほとんどだ。広げた風呂敷をとじられないのだ。それなら広げるなよと言いたくなる。
「フライト・プラン」もやはり後半が弱い。いや、弱いなんてものじゃない。そもそもありえない設定だ。それよりも、ジョディ・フォスターの一人映画になってしまっているのが一番まずい。飛行機の責任者である機長が、この迷惑な乗客ともっと対立すれば盛り上がったと思うけどね。しかし、スーパーウーマンが相手じゃかないっこないよな。どの国でも母親は強いものだが、ジョディ・フォスターが母親になるともう大変、鉄の女になってしまった。強すぎたよジョディ。

ま、ジョディ・フォスターファンとしてはそれなりに楽しめました。
腐っても鯛、老けてもジョディ!
まだまだこれからも当分主役で頑張って欲しい(でも、そろそろアップには紗を入れてやってください。日本のテレビでのインタビューでは目元のしわをドアップにされていた。失礼で無礼だよフジテレビ)。

KonicaMinolta α-7 Digitalが、86800円!
by ONDTP | 2006-02-03 21:28 | 酔鯨的シネマ評
酔鯨的シネマ評 「キング・コング」(ネタバレ注意)
a0022814_1394485.jpg
UNIVERSAL

4度めの「キング・コング」のリメイクで、監督はあの「指輪物語」のピーター・ジャクソン。しかし、この映画を「キングコング」のリメイクだと思って見ると腰が砕けます。すでに死語ですが「荒唐無稽」という言葉がぴったりの映画です。

おいおい、それはないだろう。
おいおい、そんなことありえねーよ。

おいおいおいおい、の100連発です。
ポスターに恐竜が出ていたので嫌な予感がしてたのですが、想像を超えたコートームケイ映画でした。

(以下、ネタバレ必至)
キングコングの生まれた島は、実は「ジュラシックパーク」でした。恐竜だけじゃなくて、次々と出るわ出るわ、これでもかとばかり、気持ちの悪い巨大昆虫や、不気味な得体の知れない巨大動物がしつこく襲ってきます。そのどれもが悪相で、草食動物の恐竜であるバロサウルス(あの首が長くてでかい恐竜)もこの映画では人相の悪い恐竜にされています。島の原住民も全員が恐ろしい野蛮人として描かれていて、キングコングもやたら凶暴で、ドルビー・サウンドで吠えまくります。

これは映画というより、印象としてはテレビゲームかディズニー・ワールドのテーマパークですね。実にサービス精神旺盛で、1分たりとも退屈させたら大変だ、お金のかかった大作だから、全世界でヒットさせて元をとらないと大損するという恐怖感で作られたようです。
すべてがオーバーで演出過剰、あまりにも大げさなので笑ってしまいます。
新手の恐竜コメディか?

               ~~~~~~~~~~~~~~~


a0022814_1317588.jpg
UNIVERSAL

しかし、しかしですよ。それは前半だけです。
キングコングがニューヨークにつれてこられてからの後半は正統なリメイク映画に仕上がっています。後半は、あのヨン様も裸足で逃げ出すくらいの純愛映画です。もう少しで泣くところでした。
CG(VFXと呼ぶそうですが)でこしらえた1930年代のニューヨークの雰囲気が最高で、エンパイア・ステートビルのてっぺんで闘うコングのクライマックス・シーンもCGを駆使した見事な出来映えでした。高所恐怖症のわたしなどはお尻がむずむずして困りました。
もうひとつ特筆すべきは、ヒロインのナオミ・ワッツです。たぶんマットペイント相手の一人芝居をさせられたと思いますが、抜群の演技でした。荒唐無稽なこの映画に彼女の演技がリアリティを添えていました。わたしがアカデミー会員なら文句なく彼女に一票投じます。


なんだか、褒めてるのかけなしてるかわからなかったと思いますので、最後にまとめると、おもしろかったです、特に後半が。前半を1/3に縮めて2時間映画にするとなおよかったかも。
歳末の忙しさを忘れて、いっときでも現実逃避したい人にお勧めです。

トップへ
by ondtp | 2005-12-18 13:22 | 酔鯨的シネマ評
酔鯨的シネマ評 「ALWAYS  三丁目の夕日」

ALWAYS 三丁目の夕日
宝物のような日本映画が生まれました。
団塊世代の単なる懐古趣味映画ではありません。
失ってしまったかもしれない大切なものを思い出させてくれる映画です。
過去を再現したCGは実に新鮮でした。
ラストの大団円のアイデアもいい。
文句なし、今年のBEST1です。
a0022814_1310383.jpg

●追記 11/27 22:00pm
この映画が気に入ったので、同じ監督の古い映画「ジュブナール」「リターナー」を借りてきて見たんですが、見なければよかったなあ(笑)
ま、人間も監督も成長する動物ですから「三丁目の夕日」で大きく飛躍したんでしょうね。

トップへ
by ondtp | 2005-11-26 13:12 | 酔鯨的シネマ評