カテゴリ:OLYMPUS PEN D3( 2 )
 写真は複写か?

a0022814_20463518.jpg
画像はすべてクリックで拡大

ご存じのように、当ブログは銀座や有楽町の写真をくりかえし撮っています。
超有名な和光のショーウインドウや時計塔、シャネルやグッチなど有名ブランドのファサードなど絵になる(写真になる)場所が多いですから、何度行っても銀座は被写体に困りません。ショーウインドウのディスプレイや店のインテリアなどは季節ごとに変わるしね。

でも、ショーウインドウのディスプレイや、ブランド店などのファサードを撮る時は「複写」という言葉がいつも頭をよぎります(森山大道氏も写真は複写だと言ってますね)。必要以上にシニカルに考えるつもりはないですが、ディスプレイの写真がおもしろいとすればそれはディスプレイがおもしろいからで、ファサードの写真が美しければそれはファサードの美しさゆえです。この場合、写真は他人の制作物の魅力に強く依存しているわけです。写真にはこうした「複写」意識がどうしてもつきまといます。

a0022814_204789.jpg
a0022814_20472912.jpg

「複写度」を少しでも減らすために、ショーウインドウを撮影するときは、ガラスの映り込みをわざと取り込んだり、手前に人物を配したりしています。ファサードを撮る時も通行人や自動車などを組み合わせるなどして写真としての自立性を心がけるようにしています。それで自立性が高まるとしての話ですが。

a0022814_20475882.jpg
a0022814_20485740.jpg
a0022814_2049947.jpg

「複写」という考えは少し自虐的かもしれません。
三次元の被写体を二次元に置き換える際の工夫があるわけで、光の具合や構図、細かな描写(パース、コントラスト・色相・彩度など)にも写真的創意が働いていますから、単純な「複写」ではもちろんありません。しかしそれでも、都市風景を撮るときは「複写にならないように」という意識がいつも脳裏にあります。複写になりそうな時は、なるだけ「複写度」が下がるように心がけています。複写度を下げるといっても、実際には、被写体を単体でアップにせず、複数の被写体要素を取り込んだ構図にする、といったくらいですが。

a0022814_2049286.jpg
a0022814_20494150.jpg
東京国際フォーラム Olympus PEN D3 Kodak MAXbeauty400

露出計がカメラに内蔵されていなかった遠い時代や、マニュアルカメラの頃と違い、誰でもカンタンに撮れてしまうデジカメ時代になると、「複写」という見方は昔より高まるような気がします。
突然の思いつきですが、壁のシミやトタンの錆、軍艦アパート、廃屋などが被写体として好まれるのは、それらが他人の制作物ではなく自然(時間)が作り出したものだからかもしれないですね。
被写体が自然ならいくら複写してもかまわないから、ネイチャー派にはこのような悩みがなくていいですなあ。
by ondtp | 2006-02-07 21:27 | OLYMPUS PEN D3
OLYMPUS PEN D3

久しぶりのファースト・インプレッションです。
ハーフサイズ・フィルムカメラOLYMPUS PEN D3です。フィルムカメラ中心のブログではめずらしいカメラではないですが、『カメラ的日乗』では十分マニアックなカメラに分類されます。デジカメしか興味がないという方は今回はすみません。

ハーフサイズカメラ Olympus PEN D3
a0022814_22564863.jpg

PENシリーズは今でもけっこう人気があるカメラです。
新宿・カメラのきむらで購入。普通レベルの中古でしたが、目立つキズも、これといった不具合もありませんでした。ファインダーが驚くほどクリアなのでこいつはもうけものでした。PENに興味をもったのはファインダーが縦フォーマットだからです(約4:3の横縦比で、APS-Cサイズ)。わたしは縦位置で撮ることが多いので、普通にカメラを構えてファインダーが縦位置になるのはとても好都合です。
ハーフサイズは画質が問題にされますが、フィルム性能が向上した今こそハーフサイズが見直される時代だ、という指摘は説得力があります。

a0022814_22573315.jpg
   グリーンの色味が好きです。


PEN D3は「D」三兄弟の末弟になります。ズイコー32mm(35mm換算45mm)F1.7の大口径レンズを搭載。コンパクトカメラながらシャッタースピード1/8秒~1/500秒の優れもので、小さなボディなのにズシッとくる重量感と金属の質感に痺れました。デジカメとはひと味もふた味も異なるこの違いが昔のフィルムカメラの魅力です。

a0022814_22591552.jpg
a0022814_22594721.jpg
   こんな風に1コマに縦に2枚分写すことができます。フィルム送りがずれていますね。ネガカラーですが、PEN D3は赤色の出方に特徴があるようです(紅色に偏っている)。

PEN は目測カメラです。
目測でおおよその距離を測ってピントを合わせる必要があります。距離3m・絞り11で撮ると、1.3mあたりから無限遠までピントが合うらしい(被写界深度表を憶えなきゃ)。3m以上離れると楽ですが、それよりも近いとピントがあやしくなります(カメラじゃなくわたしの距離感が)。露出計は内蔵されていますが「直読式」とやらで、トップカバーにある追針式のメーターのEV値を読みとって手動で絞りとシャッタースピードを決めます(絞りリングとシャッターリングの間の「EV値表示窓」で数値を合わせます)。測光範囲EV3~17。フィルムはもちろん手で巻き上げなければなりません。ノブをコリコリと親指の腹で回して巻き上げるとシャッターもチャージされます。フィルムカウンターも手動で合わせます。
みんな人にやらせる人使いの荒いカメラです。洗濯機もカメラも全自動ばかり使ってきた自分にこんな全マニュアル・カメラが使いこなせるだろうか?

a0022814_23112728.jpg

保証期間が1週間しかないので、あいにくの雨でしたが、カラーネガフィルムVENUS400を詰めて出かけました。ハーフカメラなので36枚撮りフィルムで72枚撮ることがでます。ハーフサイズカメラの最大の特長がこの経済性。2倍2倍の増量お得タイプ。

近所のDPEは現像のみで、インデックス(べた焼き)はできませんでした。
本心は、写っていただけででラッキー! というのが正直なところでした。なにしろ古いカメラですから、いくら外観がよくても実際撮影してみたら問題続発!という可能性があります。一応問題なく写ってくれていてほっとしました。
フィルムスキャナで取り込んでみると、ピントを思いっきり外したカットが多数ありました。まあ、最初ですからこんなものだと思います。露出は全体に1段程度オーバー。これは電池のせい?。

このカメラのデザインとマニュアルの操作性は大いに気に入りました。マニュアルカメラはいちいち面倒ですが、必要な基本操作をきちんと行うのは意外と悪い気はしません。
じっくりと使い込んでみたいと思うカメラです。

a0022814_2312214.jpg

こんど天気のよい日に渡部さとる氏が自著『旅するカメラ2』で紹介している「感度分の16」をPEN D3で試してみたいと思っています。
「感度分の16」とは、
絞りをF16まで絞ってシャッタースピードを1/IOS感度に設定する露出術です。ISO感度400なら、絞りF16のシャッタースピード1/400秒、ISO100なら1/100秒になります。これは晴天時の日向における露出で、日陰や薄曇りでは2段分落とす、夕暮れ時には3段分落とす、日が落ちた後や夜の室内は8段分落とすというものです。
確かにこれでうまくいけば、露出計のない古いカメラを使う時の強い味方になります。晴天時の露出を基準に考えるところがポイントです。F16まで絞り込むわけですから目測カメラでのスナップには最適です。

a0022814_23134116.jpg
   ディストーションがほとんどありません。これは大事なことです。
作例はすべて OLYMPUS PEN D3 VENUS400

●電池について。
古いカメラを買うとまず問題になるのが電池です。
このPEN D3も、本来は水銀電池(1.3V)を使用しますが、もう発売されていないので、アルカリ電池のLR44/SR44で代用可能です。ただしこれらは1.5Vなので多少は露出に影響がでるかもしれません。ネガカラーなら大丈夫だと思います。細かいことを言うと、SR44は1.55V なので、0.25オーバーになります。LR44を使用すれば0.2のオーバーですみます。
ポジフィルムでもっとシビアにと考えるのなら関東カメラサービスやビックカメラでアダプターを入手できます。
by ondtp | 2005-09-06 23:02 | OLYMPUS PEN D3