<   2005年 10月 ( 92 )   > この月の画像一覧
スキン変更
a0022814_2272735.jpg
 GRD

この所、ブログを見ていると目がしょぼしょぼするので、試しに背景を黒にしました。黒にしても特に読みやすくなったとは思いませんが、少しは目にやさしいような気がするので、当分これで様子を見ます。


うーん
色がうまく表示されないOSやブラウザがあるようですね。わたしのPCでもOperaとFirefoxでは色とレイアウトがおかしくなってるのが確認できました。Firefoxにいたっては、coment欄を開くことさえできません。Internet ExploerとLunascape、Sleipnirは大丈夫です。
色がおかしくなるのはWEBセイフティカラーじゃないからかなあ。それにしてもまるでオリジナルとはかけ離れた色になっています。サイドバーの文字の大きさや行間も崩れているし、これは困りました。(やり方を試行錯誤しながら)苦労してスキンを変えたのに、みーんな水の泡なんですか?
読めない方がいましたら、OSとブラウザを知らせてください。お願いします。
by ondtp | 2005-10-31 22:08 | カメラ的日乗
毒入りブログの出現。 …ったく。
a0022814_10374334.jpg

毒入りブログ」が増えてきているそうですね。
当ブログも、TBされた先を訪ねてみると、そこは綺麗なデザインのブログでしたが、誘導されてクリックするとその先はアダルトサイトでした。
普通に見えるブログでワンクッション置いて安心させておいて、それから毒針を注射するという手法です。すでに経験されている方も多いことでしょう。
中には、「キーロガー」と呼ばれるパソコンの入力記録を盗むプログラムを仕込まれて、銀行口座情報が狙らわれた例もあるそうです。わたしはたいした預金もないので大丈夫ですが、お金持ちの方はどうぞお気をつけください。
と言ってもどうやって気をつければいいんでしょうね。多くのブログホスティングサービスは保存する情報をチェックするアンチウイルスの防御を提供していません。わたしもそうですが、HTMLやCSS、FTPなどの知識はもとより、PCにも不慣れな人たちも少なくないと思うので、個人で防衛策を考えろといわれてもねえ。途方に暮れてしまいます。
ブログがここまで普及した以上、セキュリティの面でも新たに見直す時期なのでしょう。
ここはひとつブログサイトのオーナーの手で、ブログを悪用するこうした連中から利用者を守る手立てを講じてほしいと思います。といっても、あまり難しい操作はできないので、簡単に追い払えるようにしてくれるとありがたいなあ。
お願いしますです。ブログサイトオーナー様。
by ondtp | 2005-10-31 10:40 | カメラ的日乗
風邪かな? マズイ感じ…
a0022814_7193942.jpg

どうやら風邪を引いたようで、ヤバい感じです。
今朝もやたら寒いし、今日は一日中部屋で暖かくしています。

a0022814_714178.jpg

今回も、毎度おなじみのGRDネタです。
どーもすみませんヨシコさん。
(↑古いけど、故・林家三平師匠風に…。林家三平を知らない人は無視してください)

GR Digitalを1週間使ってみて
コンパクトカメラの中では、頭ひとつぬきんでた高級コンパクトだと思います。
しかし、私の用途はスナップ専用ですからこのカメラで問題ありませんが、28mm単焦点レンズのみでズームの無いカメラですから、これ一台でいろいろ撮影したいと考えている人にとっては使いにくく不便なカメラです。35mmあたりから始まるズームレンズ搭載のカメラの方が使いやすいと思います。画質だって大きく異なるわけではないので、高級コンパクトという評判に惑わされて高価なGRDを不用意に買ったりすると後悔するかもしれませんぞ。サイズ的にもGRDは今のコンパクトカメラの中にあっては比較的大きな方ですから携行性の点でも抜群とは言えません。

a0022814_7142238.jpg


a0022814_7551133.jpg

GRDがどうしても欲しいんだーッ!
欲しいったら欲しいんだーッ!
だってGRだもん~。
という人は買うべきですが、そうでないなら無理して買わなくてもいいような、そんなカメラじゃよ、このカメラは。
じゃあ、お前は何で買ったのかとお聞きなさるか、お若いの。
わしは、ディストーションの少なさと、書き込みの速さが少なくともOptio Sよりも優秀だからじゃよ。それだけのためにはちと高い買い物じゃったがのう。

a0022814_7182970.jpg


a0022814_7235418.jpg

言うまでもなかろうが、photoshopで加工しているのでGRDの「作例」見本にはならんよ。ノイズをたっぷりのせてるからのう。ノイズの嫌いな人にはゲーッてなもんじゃろ。フォッ、フォッ、フォッ、フォッ…
(風邪のせいだと思いますが、文体が一部乱れ、お聞き苦しいところがあったことをお詫びします)。

おまけじゃよ
by ondtp | 2005-10-30 07:37 | GR DIGITAL
夜で、雨で、銀座だった。
冷たい雨の降る寒い一日。
夜になって銀座へ。
東京メトロ・銀座線を地上に出ると、
ちょうどサラリーマンの帰りのラッシュ時で、
傘を差して足早に歩く人たちで賑わっていた。


a0022814_1938236.jpg


a0022814_19384719.jpg


a0022814_19432919.jpg


a0022814_1939364.jpg


a0022814_19422732.jpg
GRD ISO400 銀座

明日から、GRDを持って旅にでます。
男は自殺するかわりに旅にでる。
…って、ああ、一度ゆうてみたかった。
本当は3泊程度のしけた国内旅行ですけどね。
青春18キップのリベンジもあることだしちょっくら出かけてきます。
今回は北へ向かいます。
それでは、少しの間留守にします。
by ondtp | 2005-10-26 19:52
ブラウザでレイアウトの崩れが…
こりゃまいったね。
さっき、たまたまブラウザを変えて「カメラ的日乗」を見てみたら、レイアウトが崩れているではないですか。ポイントで設定したら文字は拡大縮小できないはずなのに文字の大きさも変わっています。
皆さんどんなブラウザで見ているんですか? 
サイドバーの文字の行間が無くなっていませんか?

わたしが常用しているブラウザはSleipnir(スレイプニール)です。CSSの設定もこのブラウザでしてます。このブラウザはインターネット・エクスプローラーと同じエンジンですから、エクスプローラーも正常です。Lunascapeも大丈夫です。
問題が判明しているのは、OperaとFirefoxです。このふたつのブラウザでは文字が崩れます。
Opera,Firefoxでご覧になっている人はいますか?
ちゃんと見えてますか?
by ondtp | 2005-10-25 22:49 | カメラ的日乗
GRD交換
a0022814_2255989.jpg

Mapcameraで新しいGRDに交換してもらいました。
こんどのものが大丈夫かどうかはしばらく撮影してみないとわかりません。
わかったことは電池蓋がこんどはガタガタしていることです(^o^;
ま、いいか、勝手に開いてしまうわけじゃなし…
by ondtp | 2005-10-25 22:07 | GR DIGITAL
AGO SNAP in GINZA with GR-Digital ファイナル!
a0022814_159084.jpg

GRDの空の色のチューニングはいいですね。
DIGICⅡほど派手な青でもなく、ビーナスエンジンほどは赤みがかってなく、ちょっと記憶色よりの鮮やかな青で、黄金の中庸と申しますか、まことにけっこうでございます。

心配していた白飛びについては、今日の検証の結果では、特に飛びやすいわけでもなく安心しました。かといってダイナミックレンジが広いというわけではなく、普通のコンパクトカメラ並だということです。一部にはGRプランドを信仰するあまり、一眼レフに匹敵する画質を求める向きもありますが、それは無理です。フィルムのGRとは基本的に異なりますから、こちらはよくできた、高画質のコンパクトカメラ、ということで、それ以上の期待をするとがっかりします。
操作性など細かなことを書くのはめんどうなので、それらはおいおい折に触れてということで、ここでは1点だけ、液晶モニターについて指摘しておきます。
液晶モニターは外では大変見づらいです。日陰で再生して見ても画面が暗くてダメです。最大輝度にしてもダメ。もうちょっとなんとかならなかったですかねえ。

それではAGO SNAP ファイナルの開始です。


a0022814_144511100.jpg


a0022814_14441641.jpg


a0022814_1445337.jpg


a0022814_14472615.jpg


a0022814_14463751.jpg


a0022814_14484736.jpg


a0022814_14475910.jpg


a0022814_14501640.jpg


a0022814_15251031.jpg


GRD第一弾 AGO SNAP はここらでひとまず打ち止めです。
ご来場ありがとうございました。
※注:これらの画像はPhotoshopで補正しています。
GRDの忠実な「作例」には適していません。
by ondtp | 2005-10-25 15:10 | GR DIGITAL
  わたしにとってのキャンデッド・フォト
a0022814_848258.jpg

GRDで銀座通りのスナップをしています。
人物が特定できる写真も多いです。
写真のジャンルについて詳しくないのですが、こうした写真は、アメリカでは「キャンデッド・フォト」と呼ばれているようです。「スナップ」という言葉は単に早撮りを意味しますが、キャンデッド・フォトは、相手がカメラの存在に気づいていない状態でシャッターチャンスを狙って撮る手法や、そうして撮った写真を指します。なるだけ自然な表情やポーズを写すのが目的とされています。

わたしが撮っている写真もキャンデッド・フォトになります。
人物の顔の写っている写真をWEBに掲載することに反対する人は多いと思います。断った上で撮り、WEBにアップすべきだとする意見に反対はしません。正直言って、正しい行為だと胸を張って撮っているわけでもないので、人にも勧めはしません。

今回アクシデントがあって、せっかく撮影したデータを消失するかも知れない可能性に直面した際に感じたのは、二度とふたたび手にすることのできないものを失ったという深い喪失感でした。これはわたしにとっての喪失ばかりでなく、そこに写っている人々にとっても喪失ではないかとも感じました。二度と同じ状況で撮ることは不可能だし、記録することで画像として定着した人たちも二度と戻ってくることがない、そう考えると、失った画像が非常に貴重なものに感じられました。こんな風に感じたのは初めてのことでした。キャンデッド・フォトはジャズに例えるならいわばインプロビゼーション(improvisation)のようなもので、一回性の中でしか命を燃やせない撮影であって、そこにこそ魅力の源泉があることを実感しました。

もちろんこれはわたしの勝手な思いこみにすぎませんが、今回のこの経験が、
勝手に撮影して勝手にWEBにアップすることは本当に迷惑以外のなにものでもないのだろうか?と考えさせるようになりました。
キャンデッド・フォトがマナーとして褒められた行為ではないとしても、街というハレの場所で輝いている人々を撮り、WEBに発表することが、被写体にとって不快なことだと自明のことのように断定できるものでしょうか。

a0022814_8503665.jpg

ここで、わたしがキャンデッド・フォトについて自分に課している基本的なルールを書いておきます。

1.人物の特定できる写真は写真の文脈を変えない※。
2.プライベート空間にいる人物は特定できるような撮影をしない。
3.瞬間的に生じたおかしな表情やポーズはWEBにアップしない
(e.g くしゃみ、あくび、転ぶ、躓く、ぶつかる、風でスカートがまくれるetc.)。
4.やむを得ず行った、本来公共の場ではしない行為はWEBにアップしない
(e.g 鼻をかんでいるとかetc.)


WEBにアップすれば、たぶんうけそうなおもしろいポーズや表情の写真はあります。しかしそれらはアップしていません。ハレ舞台を撮影しているからです。人々がおしゃれをして、あるいは緊張して、決意して、デートやショッピング、観光、ビジネスのために出てくる場所が街です。
街というハレの場所で生き生きとしている人びとの表情を記録するのが基本目的ですから、それ以外の写真は避けるようにしています。
また、人物がどれだけ大きく写っていたとしても、人物だけを写しているつもりはありません。あくまで「街の中の人びと」であって、街も人も同じように主役です。これは肖像権に配慮しているからではなく、そもそもの目的がそのようなものであるということです。わざわざ苦労して、無人の街の風景写真を撮る人もいて、それも写真の世界ではひとつの定番です。しかし、わたしは人のいる街の風景を撮りたいと思っています。

a0022814_902433.jpg


※注 1. 人物の特定できる写真は写真の文脈を変えない。
これについては説明が必要だと思います。

写真はリアルに現実をありのままに描写することもあれば、現実とはかけ離れる場合もあります。写真を読むスキルがないとその写真が現実をリアルに写しているかどうか判断を誤ります。これだけビジュアルメディアが支配的な現代ですから、カメラを趣味としている人でなくても、写真を正しく読み取るためのスキルが必要です。

写真は撮影された時の状況とは関係なく、別の文脈に使われると別の意味を帯びてきます。例えば、週刊誌の常套手段として、相手を褒める時は記事の側に笑顔の感じのいい写真を掲載し、批判するときは暗い表情の写真を添えたりします。それらの写真は元々は別の状況で撮影されたもので、記事内容とは関係の無い場合がほとんどです。
写された写真の意味を決定するのは文脈です。ですから文脈しだいで、同じ写真が正反対の意味さえ持ちます。メディアによっては悪意をもってわざとそうする場合も少なくありません。写真を読むスキルが必要と言ったのはこうした写真の使われ方を批判的に見る目を鍛えるためです。わたしはキャンデッド・フォトを文脈を変えて掲載することはありません。

   おまけ
a0022814_9221032.jpg

例えば上の画像では顔が写っていないので肖像権の心配はありません。しかし、肖像権の問題がなければそれでいいのでしょうか。顔があれば普通に見える写真が、顔を隠すことで下品な写真になっていないでしょうか。

写真はアングル次第で体の一部を強調したものになります。極端なのはローアングルでミニスカートの女性を撮影したものでしょう。タンクトップやミニスカートの女性が魅力的に見えるのはたいていの男にとって事実ですので、わたしも露出した部分が画面のポイントになるように構図を考えることもあります。どのように強調するかはケースバイケースですが、猥褻な写真を狙う目的はないので、露出部分だけを特に狙った露骨な写真を撮るつもりはありません

先日、裁判沙汰になって敗訴した肖像権をめぐる「事件」も、もとはというと、上のルール3で示したような、瞬間的なおかしなポーズや表情を撮影したのが原因かもしれません(画像を見ていませんので話をもとにした想像です)。
肌をあらわに露出した服装の女性を撮影した写真だったようで、そのファッションの露骨さが2チャンネルで攻撃されたと認識しています。しかし、その女性がいつもそんな露骨な服装をして歩いていたのかどうかは写真からは本当はわからないことです。ほんの一瞬(例えば上着を脱いで)、露出が度を過ぎただけだった可能性もあります。カメラはその一瞬をとらえてずっとそんなかっこうで歩いているような印象をミスリードしたのかもしれません。
写真は、ほんの一瞬にしかすぎない光景を永遠に定着します。こうした瞬間を記録できる写真の怖さを、そして瞬間は決してリアルな現実の再現ではない場合が多いことを、カメラを持つ人は自覚的になるべきだと思います。もちろんそうした瞬間を狙って撮るのもカメラの醍醐味ですが、そうした写真の発表には特段の配慮が必要です。
上の画像だって、たまたま上着の前ボタンを外した瞬間を撮影した可能性もあります。
それはないか(^o^;
by ondtp | 2005-10-25 09:08 | GR DIGITAL
AGO SNAP in GINZA with GR-Digital
不具合があったりしていますが、GRDは良いカメラです。
7万以上する高価なカメラですから良くなくては困りますが。
GRというブランドを信仰してきた人たちにとっては不満も多いでしょうが、
現状でコンパクトカメラを選ぶとしたらGRDがベストチョイスだと思います。
それでは、しつこくAGO SNAPです。

a0022814_622874.jpg


a0022814_641450.jpg


a0022814_65460.jpg


a0022814_655869.jpg


a0022814_671666.jpg

うーん、さすがにGRDのAGO SNAPも飽きてきましたね。
このままだと切りがありませんから、もう一度ファイナルAGO SNAPをアップして、
そろそろオシマシにしましょうかね。
GRDのAGO SNAPは、そのうちホームページの方で、大きな画像でまとめようと思っています。そのときはお知らせしますので、よろしかったらお立ち寄りください。

a0022814_6241049.jpg


a0022814_6212618.jpg


a0022814_6215011.jpg


a0022814_6221962.jpg

by ondtp | 2005-10-25 06:17 | GR DIGITAL
GR Digital は白飛びしやすいか
a0022814_18415078.jpg

サンプル画像を見たときから、白飛びしやすいカメラなのかなあ、と予断を持っていたので、昨日も撮影していてやはり気になりました。他のカメラと同じようなものかもしれないし、もっといろいろな状況で撮ってみないと確かなことは言えません。本当は確かな結果を知りたくなくて先延ばししているのかも。どうなんでしょうかね、白飛び。

a0022814_18422926.jpg


a0022814_18431389.jpg


a0022814_18491229.jpg


a0022814_19343450.jpg

注:Photoshopで補正してますから、GRDの作例にはなりません。
しかし、みごとにパープルフリンジがでないなあ。ご立派。
by ondtp | 2005-10-24 18:47 | GR DIGITAL