<   2005年 11月 ( 49 )   > この月の画像一覧
琴欧州関、大関昇進おめでとう!
カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ(琴欧州)さん、
大関昇進おめでとうございます!


最近はわたしも相撲を見ていないので、番付が下の力士の名前をまるで知りません。
来場所から、琴欧州と朝青龍が優勝争いを展開し、ライバルになれば、大相撲人気も劇的に復活するんじゃないでしょうか。
スポーツ選手はこうしてみると本当に優れた外交官ですね。
ヨーグルトぐらいしか知らなかったブルガリアという国が、一人の大関の存在によって、ぐ~~んと身近に感じられるようになったわけですから。
その逆もまた真で、ブルガリアの人たちにとっても日本という国がこれでうんと身近になったはずです。スポーツのもたらす影響力の大きさを改めて感じさせられた琴欧州関の大関昇進でした。がんばれ、角界のベッカム!
by ONDTP | 2005-11-30 17:49 | SOMTHING NEW
またもやGRDに不具合!
a0022814_10584465.jpg

交換してもらったばかりのGRDですが、こんどは、ピントがまったく合いません(マクロはOK)。
ちょっとピンボケのレベルではなく、うんとピンボケ、こじゃんと(←土佐弁でいっぱいの意味)ピンボケです。モニターの合焦マークはグリーンになるのですが、実際にはぜーんぜん合焦しません。リコーサービスではテスト撮影をしなかったので気づきませんでした。
「こんどは担当者が検品しましたから」
と、リコーサービスの方から力強い返事を頂いたんですけどね。
GRDは4階の窓から放り投げました(←ウソ。そうしたいという意味です)
もはやキーボートをたたく気力も残っていません…

●追記
さきほど、もう一度撮ってみるとこんどは合焦しました。
このまま信用していいんでしょうか。もし、撮影に出かけた先でまたピンボケになったら、そのときは本当に捨てるよ!(←捨てないけど)。
わたしはどーすればいいんでしょう。誰かおせーて!
by ONDTP | 2005-11-30 10:47 | 立腹コラム
犬と猫のブログ

「殺人マンション」の参考人招致をテレビで見ていて気分が悪くなりました。
ここまでひどい連中だとは!


a0022814_8241755.jpg

かわいい野良猫のブログは多く見かけるが、犬のブログはペットばかりで、野良犬のブログは無い。これは日本では野良犬の存在がそもそも法的に認められていないからだ。
犬も猫も、所有者から引き取りを求められたら、都道府県はそれを引き取らなければならない。1973年に施行された「動物の保護及び管理に関する法律」でそう規定されている。
しかし、犬の場合は、所有者からの引き取り要請が無くても、飼い主の不明な徘徊犬(野良犬)は「狂犬病予防法」が適用されて、狂犬病予防技術員の手で捕獲収容される。よって、われわれの近所で野良犬の姿を見かけることは絶えて久しい。一方、野良猫は行政が手をだせる法的根拠がない。野良猫のブログしかないのはそういう理由からだ。
わたしの子供時代は、地方ということもあってか、たまに野良犬らしい犬も見かけましたけどね。



a0022814_8293488.jpg


トップへ
by ondtp | 2005-11-30 08:36 | カメラ的日乗
親の愛もバーチャルに…
a0022814_21464758.jpg
Olympus E500+ZD14-54mm

大変な時代になっちゃいそうです。
現代のようにバーチャル感覚が支配的な時代には、精神のバランスをとるため、もっとリアルな「現場」と接する必要があると先日主張したばかりですが、現実はそれとは逆行しているようです。
こんどはインターネットを介して「触覚」の感覚を送信する方法を研究しているらしいです。これは、「サイバースペース抱擁」といって、抱きしめられたり、さすられたりする感覚をコンピュータでコントロールするもので、用途としては、抱きしめたり撫でられたりすることが非常に重要な子どものために、家を留守にしがちの親が利用することを考えているという。
本気ですか?
いくら触覚が本物そっくりで、端末の向こうで親が操作しているとしても、こんなことで子どもが本当に抱擁されていると感じますか。親の愛を感じますか。
わたしは大いなる勘違いだと思いますけどね。
ま、何もしないで留守にしっぱなしよりはマシかもしれないけど。
こんな親は、将来年をとって介護が必要になった時も、子供から「サイバースペース介護」をされることになるんでしょうな。


a0022814_21494152.jpg
Olympus E500+ZD14-54mm

トップへ
by ONDTP | 2005-11-29 21:52 | カメラ的日乗
3代目GRD
交換用のGRDが届いたとの連絡をもらったので、銀座のリコーサービスへ行ってきました。これで3台目になります。
今週中かなと思っていましたが、ずいぶん早い対応でしたね。GRDのクレームにリコーの人は慣れっこになっているようでした。なるほど、対応も早いわけだ。喜んでいいのかどうか…。
新しいGRDのシリアル番号は4000番台になっていました。これなら大丈夫かな? こんどこそ問題がないことを願います。

※スポット測光が合焦するようになりました。

a0022814_23372444.jpg
銀座コアのクリスマス用ディスプレイ。お金がかかっています。
NIKON FE2 28mm AGFA OPTIM PRESTIGE400  クリックで拡大


a0022814_23403712.jpg
全体はこうなってます。CONTAX Tix  クリックで拡大

a0022814_2338158.jpg
銀座夕景 NIKON FE2 28mm AGFA OPTIM PRESTIGE400 クリックで拡大

a0022814_2339460.jpg
歳末ジャンボ宝くじの季節になりました。 銀座四丁目交差点 CONTAX Tix

a0022814_23395071.jpg
今日の銀座でした。 CONTAX Tix

初めてAGFA OPTIMA PRESTIGE400を使ってみました。
1本撮っただけではわかりませんが、今後も使うことはなさそうなので、独断的評価をしておくと、ウオームに転ぶ傾向があり、フジのスペリア・ビーナス400に比べると粒子が目立ちます。

トップへ
by ondtp | 2005-11-28 23:56
小笠原伯爵邸
a0022814_1140240.jpg
パティオ側から見たレストラン 旧小笠原伯爵邸。

OLYMPUS E500+ZD14-54mmの画像です。
なかなかブログで言及する機会がありませんが、いいカメラですよE500は。
このところ銀塩カメラばかり持ち出しているので、もう少し使い込んでからインプレッションを書きたいと思っています。

a0022814_1141233.jpg
スパニッシュ様式だということです。 レストラン正面入口

画像は旧小笠原伯爵邸です。
ここは以前GRDで一度撮ったのですが、例のフリーズの際にSDカードの方も同時にお亡くなりになってしまったので、今回E500でリベンジと相成りました。
小笠原邸は今では、レストランとカフェになっております。ウエイターやウエイトレスが黒のフォーマルドレスで決めているかなり高級なところです。カジュアルな服装のわたしはレストランに入るのは気が引けたので、カフェの方でエスプレッソをいただきました。680円のエスプレッソは二口でなくなりましたが、おいしゅうございましたよ。


a0022814_11431198.jpg
カフェの窓です。

ああ、まずい。思い出してしまった。
カフェに入って内部を撮ってやろうともくろんでいたやさきに、GRDがお釈迦になってしまったのでした。このときはくやしかったですね本当に。
わたしのような出会い頭スナッパーは、初めて出会った時の、新鮮で高揚した気分で撮るのが大事なので、同じ被写体であっても二回目も同じ写真が撮れるとは限らないんです。その意味で写真は一期一会だと感じます。たいした写真を撮ってないくせにちょっとオーバーな言い方だったかな。

a0022814_11511791.jpg
こちらがカフェです。

a0022814_11521881.jpg
レストラン入口。正面から撮ると自分が写りこんでしまうので斜めから撮影。

a0022814_11523753.jpg
昔の貴族はお金持ちだったんですね。とても個人の邸宅だったとは思えません。

a0022814_12314046.jpg
これはBessa R2a+color skopar21mmの写真ですが、ついでに…。   クリックで拡大

a0022814_993629.jpg
Nikon FE2 50mm F1.4 クリックで拡大

a0022814_9102939.jpg
Nikon FE2 50mm F1.4  クリックで拡大

a0022814_916949.jpg
Nikon FE2 28mm F2.8  クリックで拡大

トップへ
by ondtp | 2005-11-28 11:59 | カメラ的日乗
フィルム萌え
a0022814_22474531.jpg

すでにお気づきの諸兄が多いと思いますが、このところ銀塩カメラのNIKON FE2の画像ばかりアップしています。GRDやE500を購入したばかりなのに、どうもデジタル気分になれなくて、フィルムカメラばかり持ち出しています。一枚一枚ていねいに撮りたい気分なんです。FE2はマニュアルフォーカスですからシャッターチャンスを逃すこともあるけど、それでもデジタル一眼は気が進まないんです、このところ。フィルムカメラの一番の難点は不便さではなくて、やはりお金の出費がかさむことですね。だからこそ、ていねいに撮影する気分になれるわけでもあるんですが…。
今回はKODAKのPORTRA400というネガカラーフィルムをはじめて使ってみましたが、イメージと違った仕上がりになってしまいました。
FE2の露出計が一段程度オーバーなので、露出補正をかけたのが失敗だったようです。ネガカラーはオーバーには強いので、露出補正は不用だったかな。
まだしばらくフィルムカメラ気分が続きそうですが、GRDやE500で撮った画像もいっぱいあるので、そのうちアップしたいと思います。


a0022814_2362734.jpg



a0022814_2381553.jpg
↑もし地蔵さんの顔がつぶれて表情が見えなかったら、あなたのモニターは調整(あるいは買い換え)が必要です。

a0022814_23223056.jpg


夜分に抹香臭い画像ですまん。
下町スナップの途中でたまたま霊厳寺に行き当たったので撮ったものです。
NIKON FE2 28mm F2.8 KODAK PORTRA400   江東区 霊厳寺

トップへ
by ondtp | 2005-11-27 23:13 | カメラ的日乗
「現場」が欲しかった
a0022814_8354353.jpg
Nikon FE2 Nikkor28mmF2.8 Kodak PRO400UC 京橋

わたしの本業のグラフィックデザイナーはいわゆる「座業」ですから、仕事の「現場」というものがありません。事件記者や刑事が駆けつけるあの「現場」です。毎日毎日会社の机に向かう仕事は楽ですが、退屈に感じることも多く、いろいろな「現場」に出かけられる仕事にあこがれていました。写真を趣味にするようになってよかったと思うのは、「現場」を得たことです。写真はとにかく「現場」まで出かけないと話になりませんから。
写真を始めてからというもの、「現場」を求めて、雨にも負けず、風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けずの宮沢賢治の気分で、カメラとともに小旅行に出かけたり、町中を徘徊したりしております。本来なら落ち着いていいはずの中高年が、あちこち出かけて行っては、時には地面にはいつくばり(←猫の撮影)、時にはにらまれ(←人物スナップ)ながら、デクノボーとして「現場」を体験しているわけです。
「現場」は、とかくままならないこの浮世の象徴のような存在で、思うにまかせません。交通規制ができるハリウッドのロケ撮影ならともかく、われわれのようなささやかな撮影には決まってじゃまが入ります。シャッターを押すその瞬間に前をよこぎる奴、よりによって撮影直前に横付けされる自動車、いつまでも移動しない酔っぱらい、突然降り出す雨…etc,
しかし、この思うにまかせない「現場」だからこそおもしろいんですね。
わたしにとって撮影の「現場」は現実をよりクリアに見せてくれる窓です。

a0022814_8362642.jpg
Nikon FE2 Nikkor28mmF2.8 Kodak PRO400UC 銀座

あの姉歯という建築士もそうですが、彼のような現場をもたない「座業」の人間は、デスクの上(今ではPCの中)でほとんどの仕事が完結してしまうため、ともすれば思考がバーチャルになり、切れば血が出るような現実の生々しいリアリティへの感受性が鈍りがちです。姉歯が普段から「現場」というものを経験していれば、自分の虚偽計算がもたらす結果の重大さを容易にイメージできたはずです。
それでなくても現代生活はバーチャル思考になりがちなので、デスクワークだけで毎日が過ぎてしまうような人は気をつけないとね。とりあえずはカメラを持って街にでるのがいい治療法です(笑)

a0022814_8395021.jpg
Nikon FE2 Nikkor28mmF2.8 Kodak PRO400UC  京橋

a0022814_8365075.jpg
Nikon FE2 Nikkor28mmF2.8 Kodak PRO400UC 銀座

トップへ
by ondtp | 2005-11-27 08:45 | カメラ的日乗
酔鯨的シネマ評 「ALWAYS  三丁目の夕日」

ALWAYS 三丁目の夕日
宝物のような日本映画が生まれました。
団塊世代の単なる懐古趣味映画ではありません。
失ってしまったかもしれない大切なものを思い出させてくれる映画です。
過去を再現したCGは実に新鮮でした。
ラストの大団円のアイデアもいい。
文句なし、今年のBEST1です。
a0022814_1310383.jpg

●追記 11/27 22:00pm
この映画が気に入ったので、同じ監督の古い映画「ジュブナール」「リターナー」を借りてきて見たんですが、見なければよかったなあ(笑)
ま、人間も監督も成長する動物ですから「三丁目の夕日」で大きく飛躍したんでしょうね。

トップへ
by ondtp | 2005-11-26 13:12 | 酔鯨的シネマ評
 GRDは入院中です。
一週間のご無沙汰でした。
起動ハードディスクの交換は思っていたより後遺症が重く、いったん仕事を始めてみると、仕事関係のアプリやドライバーのインストール、バージョンアップ、アプリ側の設定など細かな作業に悩まされました。昔と違い、いつの間にかずいぶんたくさんのアプリを積み込んで大所帯になっていました。もっとスリム化を図らなければと反省しました。
そんなわけでブログの更新もままなりませんでした。
またどんどん更新していきますのでよろしく。

a0022814_12124524.jpg
両国 NIKON FE2 Nikkor28mm F2.8 Venus400  click for enlargement

ところで、
愛機GRDがまたもやフリーズしてしまいました。なんの前触れもなく撮影中に突然固まり、見たことのないエラーメッセージと数字が現れました。今回は重症で、バッテリーを出し入れしても反応がなく、レンズが出っ張ったままの状態でのハングアップとあいなりました。
せっかく出かけた撮影現場でのフリーズですから被害甚大です。時間と金を返せ! 慰謝料も寄こせ!と言いたい気分ですが、もう文句を言う気力も残っていません。
そこで提案ですが、リコーさんも今では、不具合情報も集まっていて、対応策もとれていると思うので、ここらでGRDの「オーバーホール・キャンペーン」をやったらどうでしょうか。せっかくカメラ賞をもらったことだし、リコールでは世間体が悪いでしょうから、自発的に、不具合の出ていない個体も含めて総点検チェック・キャンペーンで落とし前をつけるのがよかろうと思いますがどうでしょうかね。

わたしのGRDは現在リコーのサービスに入院中です。「交換になると思います」とのことでした。そういうわけで、週末の銀座ホコテン・スナップは不可能になってしまいました。トホホ。しかし、他のカメラならとっくに見限っていますが、GRDはこれからも使うつもりです。
GRDは本当にいいカメラなんです。フリーズさえしなければ…。

a0022814_1216524.jpg
深川 NIKON FE2 Nikkor28mm F2.8 Venus400  click for enlargement


a0022814_12242733.jpg
深川 NIKON FE2 Nikkor28mm F2.8 Venus400  click for enlargement
by ondtp | 2005-11-26 12:25 | カメラ的日乗