<   2006年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧
 「気持をこめる」ということ
a0022814_015296.jpg
NIKON FE2 AF NIKKOR 28mm F2.8

近所に交通事故が多発する交差点がある。
見通しが悪いわけでも交通量が多いわけでもないのに、これまで数回大きな事故が発生して死者まで出ている。
先日通りかかると、その交差点の信号機のそばに新鮮な花が供えられていた。
また交通事故で死者が出たかと緊張したが、そうではなくたぶん昔の事故で亡くなった人の家族か関係者が置いた花だと思われた。何周忌かにあたる命日だったのかもしれない。

特に理由もなくその花を写真に撮ろうと思った。
ショルダーバッグには「常備薬」のGRデジタルがいつも入っている。しかし、GRデジタルの液晶モニターで花をフレーミングしていると、思いがけず撮影をためらう感情がこみ上げてきた。小さなデジカメで撮るにはその献花の意味するものが重すぎると感じられたのだ。
わたしは撮影を中止して、GRデジタルをバッグにしまい、その場を立ち去った。

a0022814_025787.jpg
PENTAX ME  smc PENTAX-M 35mmF2.8

告別式で、棺の中の故人の顔を携帯カメラで撮影する弔問客が増えているとニュースで報じられている。最近の若者は死者を悼む気持ちが希薄になっているのではないかとTVコメンテーターは分析していた。あり得ないことだが、もしこれらの若者が携帯カメラでなく例えば、ニコンFやライカM3で撮ろうとしたらどうだったろう? 同じ撮影であっても印象がずいぶん違っていたのではないだろうかと想像する。
携帯カメラは電話に付属したおまけカメラである。最も尊厳な瞬間である死者との告別の場で、おまけカメラで故人を撮影したことが周囲の顰蹙をかった一面もあるのではないか。
信号機の献花をコンパクトデジカメで撮ろうとしたわたしをためらわせた感情と、棺の中の故人を携帯カメラで撮る若者の行為に共通するものはなんだろうと考えてみた。

a0022814_035924.jpg
NIKON FE2 AF NIKKOR 28mm F2.8

思い至ったキーワードは「お手軽さ」であった。

信号機の献花を撮影しょうとした時にわたしが感じたためらいは、献花の持つ意味の重さに匹敵するだけの強い気持ちをデジタルカメラにこめることができなかったせいだと思う。たぶんデジカメで撮るのはお手軽すぎると感じたのだ。
棺の故人を携帯カメラで撮るのもやはりお手軽感がいなめず、気持ちがこもった誠実な印象を周囲に与えない。故人の顔を撮ること自体の問題はもちろんあるが、真摯な態度を求められる告別式とケータイカメラによるお手軽な撮影行為が見た目にもアンバランスで相容れなかったのではないか。

デジタルカメラや携帯カメラと銀塩カメラとの違いは操作性や描写ばかりでなく、この「気持ちがこもる」かどうか、それが大きな違いとしてありはしないか。
…うーん、エピソードで長々とここまで引っ張ってきておいて、いきなりこんな大命題を持ち出すのはどうかと思うが、実はこれが本日のお題なのであった。遅くなってすまん(笑)
たしかに、ケータイカメラやコンパクトデジカメをニコンFやライカM3と比較して話すのはフェアでない。デジタルもハイエンド機を持ち出すべきだったかもしれない。しかし単にカメラの大きさや性能だけの問題ではないだろう。
フィルムには気持ちをこめられても、デジタルデータには真摯な思いがこもらない(こめにくい)。
それが言いたかったことの核心である。

a0022814_043247.jpg
CONTAX Tix

いやなに、銀塩オヤジの時代遅れで偏狭なこだわりにすぎぬと笑っていただいてけっこうである。もちろん、デジタルカメラでCFやSDカードに十分気持ちをこめられると感じている人にはこれは無縁の話である。

                   --------------


わたし自身はデジタルカメラでカメラ趣味道にはまった人間なので、デジタルカメラをおとしめる意図はまったくない。 「デジカメはカメラじゃない」と口にしている一部の銀塩カメラ原理主義者では決してはない。

なぜ、デジタルデータには気持ちがこもらないか?


という問いはわたしにとっても謎である。
この謎については折りににふれ考えていきたいと思っている。
by ONDTP | 2006-02-28 00:26 | COLUMN
 「カメラ的日乗」号外(笑)
フォーサーズ帝国の逆襲が始まった。

a0022814_13243149.jpg

パナソニックDMC-L1
パナソニック初のDSLR。ボディがLC1そっくり。 750万画素。ビーナスエンジンⅢに進化。ダストリダクション機能。ライブビュー搭載。必要なものは全部そろった感じですが問題は価格だ(笑)

a0022814_13395978.jpg


a0022814_1325534.jpg

Vario-Elmarit 14-50mm/F2.8-3.5 
手触れ補正 MEGA OIS (Optical Image Stabilizer)搭載。
AF/MFどちらでも可能の模様。(オリンパスではモード1のみ作動か)。MF時に絞り環が使いにくそう。こちらも問題は価格だ(笑) ライカフリークたちの気持ちは複雑でしょうね。安いにこしたことはありませんが、安いわけないや(笑)

a0022814_13255650.jpg

シグマからフォーサーズレンズ5本
30mm F1.4 EX DC HSM
18-50mm F2.8 EX DC
MACRO 105mm F2.8 EX DG
APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM
APO 50-500mm F4-6.3 EX DG HSM

すぐ日本語サイトで詳細がわかるでしょうからこれぐらいにしておきます。
わたしの感想は、フォーサーズ=コンパクトという基本思想はどこへ行ったのか?
ということにつきます。

通常更新はもう少しお休みします。
by ondtp | 2006-02-27 13:58 | SOMTHING NEW
 しばらくお休みします。
更新休止に関してご心配のメールを頂きました。
トラブルがあっての休止ではなく、多忙が主な理由です。
パワーアップ(?)して戻ってきますので、その日までごきげんよう(笑)

a0022814_14383624.jpg


しばらくの間、「カメラ的日乗」の更新を休止します。
by ONDTP | 2006-02-19 00:05 | カメラ的日乗
 時々はプリントしましょう
a0022814_22744.jpg
Minolta Autocord  月島

わがGRDのCCDゴミ問題。いまだリコーサービスに持ち込むこともなく、ゴミをつけたまま使っています(笑)
なんだか最近ゴミも気にならなくなってきました…ってのはさすがにウソですけど、こだわりが少なくなってきているのはホントウです。
これはプリントをしなくなっているのと関係があります。WEBやモニターで見る分にはデータが多少というか、かなりひどい状態になっていても目立たないのでいいかげんになりがちです(なにしろ72dpiという粗さですから)。
これがプリントとなるとそうはいきません。以前はかならずプリントしてましたから、なるだけデータが劣化しないように、ヒストグラムパレットを開いてトーンジャンプをチェックしたり、今よりずっと細かい神経を使っていました。やはり、時々はプリントをしないとだめですね。
GRDはまだ一度たりともプリントしてません(汗)
by ONDTP | 2006-02-17 22:10 | カメラ的日乗
お子ちゃま議員・永田寿康氏
【民主党が死んだ日】
当ブログは政治と宗教は取り扱わないのが原則だ。しかし、度をこした出来事は取り上げざるを得ない。

a0022814_175047100.jpg

お子ちゃま議員・永田寿康氏
武部幹事長の次男へホリエモンから3000万円の送金指示が出されていたという暴露は民主党久々のホームランだった(と思った)。
今日の国会質問では、さらなる証拠を示して自民党を追いつめるものと期待したが、質問に立った永田議員は、なんでみんな信じないんだ、どうしたら信じてもらえるのか教えて欲しいと小泉首相に泣きついて失笑をかうしまつだった。
永田議員は電子メールの証拠能力に彼自身が不安を抱いていることを言わずもがなに語ってしまった。首相がガゼネタ呼ばわりするのはけしからん、ガセネタ発言の根拠を示せなどと言うに至ってはもはやこれ以上の疑惑追及は絶望的だ。根拠を示さなければならないのは言い出しっぺの永田議員、あなたなんですよ。
電子メールが本物ならもっと迫力のある追求をしてほしい。

あきれたので、いったいこの永田議員はどんな人物なのか調べてみたら、出るわ出るわ! この民主党議員はいいかげん発言の常習者だった。初当選以来わずか5年間に懲罰動議を4回も受けていた。そのたびに民主党は頭を下げている。今回もまたひとつ彼の「武勇伝」が増えただけなのか?
やれやれ。こんなことでは、二大政党制も政権交代も夢物語だ。

※しかし、検察が「そんなメールの存在は確認していない」
と、このタイミングで発表するのは、異例というより恣意的だと思いますね。
by ondtp | 2006-02-17 17:52 | 立腹コラム
 つげ義春は元祖脱力系?
スケートの新種目、団体PESUITは面白いですね!
三人そろった姿はビジュアル的にもきれいだし、クロスポイントで順位を確認する方法は競馬を見ているようなスリルがあります。テレビではスピードがわかりませんが、1秒で約10Mだそうですから、陸上の100M走に匹敵する速さなんですね。お金を賭けたらもっとおもしろい、なんてこと考えてはいけませんぞ(笑)

a0022814_1264435.jpg

包丁研ぎ。
近所の道路脇に時々店を出しています。まるで、つげ義春的な世界ですな。好きなんですこいういうの。これもひとつの昭和30年代的風景です。
フォトショップでエイジング処理をしています。Minolta Autocord

a0022814_1274713.jpg

50年前のカメラMinolata Autocordで撮影して、フォトショップでエイジング処理して喜んでいるなんて、ここまでくると病気です。
屋台のそばに座っている帽子の人物がわかりますか。つげ義春の「石を売る人」ように見えてきませんか。つげ義春こそ元祖脱力系の人だと思います。大昔、まだマンガを見ていた頃の大変なつかしい名前です。
by ONDTP | 2006-02-17 01:30 | Minolta Autocord
毎日写真を撮って暮らしたい(夢想)
a0022814_10154143.jpg

今年になってからほとんど毎日のように写真を撮っています。
1日でもカメラを手にしない日があると、今日は撮らなかったなあと感じます。
なにしろ1月はフィルム消費30本ですからね。自分でもこれは趣味の域を超えていてまずいんじゃないかと感じます。仕事に影響が出ているのは確かですから。

a0022814_10171425.jpg
a0022814_10172683.jpg

仕事を辞めて北海道へ移住し、カメラマンになって好きな北海道を撮影している人の話などを聞くと、自分もこのまま仕事を辞めて毎日好きな写真だけを撮って生活できたらいいなあと夢想したりします。
ま、サラリーマンの人たちに比べると、今でも好きなように撮ってそれなりに暮らしているんですけどね。それに、デザイナーですから、写真趣味は仕事への良い影響もたくさんあります。でも、もう少し控えなきゃと考えております。

a0022814_10183747.jpg
a0022814_10184865.jpg
a0022814_1023012.jpg
a0022814_1024367.jpg

何もしないで暮らせるほどの資産もないですし、それに仕事への野心もまだまだあるんですよ。フリーランスは定年がないし、気持ちだけは30代ですから。ここでひとつブレークして中高年の希望の星になってやろうかと考えたりして(爆)

このロモのスーパーサンプラーは公称2.0秒で4つのレンズが連写するはずですが、わたしの固体はせいぜい1秒強といったところなので、連続写真のおもしろさを出しにくいです。たまに2秒近くなったりするんですけどね。
しかし、ロモ相手に初期不良のクレームをつけるつもりはありません(笑)
by ONDTP | 2006-02-16 10:25 | カメラ的日乗
 マウスコンピュータってどうよ?
a0022814_236594.gif
そろそろ新しいPCの購入を考えているのですが、長いこと不勉強だったので最近の新製品には浦島太郎状態です。
DELLを一番候補にしてますが、WEBで調べていると「マウスコンピュータ」という新しいブランドが目に止まりました。カスタマイズの自由度が高そうな所が気に入りました(安そうな所も)。
このブランドはDELLと比べて、信頼性やサポートはどうなんでしょうか?
詳しい方のアドバイスお待ちしております(笑)

a0022814_23132132.jpg
拡大して見てね
a0022814_2314667.jpg
キズのように見えるのは飛行機雲で、汚れのようなものは鳥です(笑)
a0022814_2315373.jpg
一応夕焼けなんですけど。B&Wではね。荒川にはタグボートが…
a0022814_2315376.jpg
空に汚れのように見えているのは羽田に着陸しようとしている飛行機です。

kodak 100TMXの現像が中2日で上がってきました。
こんなに間があくと撮ったときの気持ちを忘れてしまいます。
Minolta X-700 MD50mm F1.4 kodak 100TMX
by ONDTP | 2006-02-15 23:10 | Minolta X-700
 花粉一号が飛んだから、今日は「花粉記念日」(笑)
a0022814_19463972.jpg
     神田神保町 NATURA BLACK F1.9 KODAK MAXbeauty400

ノースリーブの女性を見かけたぞ。
いくらなんでもちょっとまだ早いんでないかえ?
しかし、たしかに今日は暑く感じるくらいの陽気でしたな。
そのせいかどうか、早くも花粉が飛んだそうです。
だから、今日は花粉記念日(笑)
(↑若い人にこのしゃれがわかるだろうか? ちょっと心配)


a0022814_20172342.jpg

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

270万部も売れた俵万智のベストセラー「サラダ記念日」の発売は1987年だから、もう18年も昔になるんですな。
わたしにとっては、only yesterdayですけどね。

「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの。

なんてのが好きでしたな。
当時はまだ広告代理店勤めのサラリーマン。若かったなあこの頃は…
おっと、しみじみしてしまった。
by ONDTP | 2006-02-15 19:57 | カメラ的日乗
夜を撮るカメラNatura ( Into the Night #5)   
a0022814_0221116.jpg

夜でも手軽に撮影できるカメラが欲しかった。重い三脚など持たずとも夜の光景をスナップできるコンパクトなカメラがあるといいなあと思っていた。いつでも持ち歩いて、ふと気になったものをスナップしたい。それが夜であっても…
その願いはFUJI NATURA BLACK1.9の登場でやっと満たされた。
24mmの広角レンズとISO1600の高感度フィルムの組み合わせで、ノイズの問題も手ぶれの心配もない(厳密にはぶれてるだろうけど)「夜のカメラ」が実現した。おまけに2000万画素相当のフルサイズ(笑)。

神保町の三省堂に出かけた帰りにNATURAで軽くスナップ。
期待を裏切らない描写はNATURAならではだ。
今夜もまた、Into the Night…

a0022814_02859100.jpg
  神保町の古本屋街では見慣れた光景だが5年先も同じだろうか?
a0022814_0293589.jpg

a0022814_0301857.jpg

フジは初心者向けに発売したんだろうけど、カメラオタクがその真価を正しく評価してNATURAはヒット商品となった。
リコーGRがまだ現行機で高い評価を受けていた頃、赤瀬川源平氏は、GRの35mmや50mmが発売されたら、西部のガンマンのようにカメラをフォルスターに入れて、使い分けると言っていた。GRの望みが絶たれた今、その役目をNATURAに託したい。ここはひとつ、単焦点レンズで35mmF2.0、50mmF1.4あたりを発売してほしい。

a0022814_0264556.jpg

a0022814_027292.jpg

a0022814_0315935.jpg

ズーム搭載のNATURA CLASSICAもいいけど、次は単焦点レンズでよろしく。
NATURAの問題点。
なぜか、ファインダーを覗こうとしてもうまく眼がファインダー内に行かない。こんなファインダーはNATURAが初めてだ。その理由もわからない。ボディの端についているから、とも思うが、わたしはレンジファインダー使いでもあるので、ファインダーが端にあるカメラに不慣れではない。
ファインダーが端にあることとボディがコンパクトであること、ファインダーが小さいことが重なったせいか…。
by ONDTP | 2006-02-15 00:34 | FUJI NATURA BLACK