<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
エキサイトでの1年半、ありがとうございました。

ブログを引っ越します。

エキサイトブログも気に入ってるんですが、よりカスタマイズ性の高いFC2ブログに引っ越すことにしました。引っ越しても特に変わり映えしないのですが、新しい住所にも立ち寄ってもらえるとうれしいです。
エキサイトでの1年半、どうもありがとうございました。

新しいブログ
カメラ的日乗3.0

※この「カメラ的日乗2.0」はこのまま残します。
by ONDTP | 2006-07-12 21:45 | SOMTHING NEW
 オタクの定義
【オタク】

  こだわりをもつ分野にお金と時間をつぎ込み、特有の心理特性を持つ層。

                                     野村総合研究所

あなたも立派なカメラオタクです(もちろんわたしも)。
by ONDTP | 2006-07-12 11:17 | カメラ的日乗
This is TANAKAからL1の記事が消えた。
Photo of the Day」から、パナソニックL1の記事が削除されてますね。
L1をかなり手厳しく批判していたのでメーカーからクレームがついたのかも。
「ベータ機をもとにした批評は手控えてくれ」と言われたらわたしでもクレームを受け入れます。しかし、その際でも、記事を訂正すればいいことであって、記事の全てを断り無く削除して、無かったものにしようとする態度は感心できないぞ。

※ブログの主が放置状態なのでコメントばかりがヒートアップしています。
おそらくこのまま放置プレイを続けて、ほとぼりが冷めた頃再開する展開になりそうです。
松下の圧力があったかどうかより、公開した記事を説明もなく削除して、それに対するコメントも黙殺する態度の方が問題だと思うんですけどね。
ブログを止めて、コメントができない昔のスタイルに戻した方がいいです。
by ondtp | 2006-07-11 10:31 | ハテ、面妖な?
 ハゲと言ったわけではあるまい。
「マテラッツィがジダンに何を言ったにせよ、暴力行為は良くない」
そういった意見が多いようだ。
しかし、わたしはそうは思わない。
マテラッツィが何を言ったか?
それこそが問題だ。
どんな事を言われても暴力はゆるされない。
そういうインテリの態度をわたしはとらない。
ゆるされない言葉というものがある。鉄拳をくらって当然の発言というものがある。
マテラッツィは何を言ったのか?
それをぬきにしてジダンを裁くことはできない
by ondtp | 2006-07-11 08:13 | 無 題
 NTT 返事はまだか!
a0022814_112434.jpg


ADSLを光ファイバーに変更しようとNTT東日本に申込書を送ったが、いっこうに返事がなく、忘れた頃にやっと封書が届いた。これでOKかと思っていたらまだいろいろ手続きがあるらしく、アンケート用紙に必要事項を記入して郵送しろという。めんどうだから放っておいたら、また忘れた頃に最後通知が来て○月○日までに打ち合わせ希望日を記入して返送しろ、でなければ今回は無かったすることにするという。電話で連絡をとろうとしたが、電話番号が書かれていない。こちらからは連絡ができないやり方をとっているのだ。しかたなくファックスで返事を送ったがそれっきり連絡がない。
待ちくたびれてNTTの代表窓口に電話をして事情を話すと、光ファイバーの担当者に連絡しておくと言ってくれた。しかし待てど暮らせどそれっきりなしのつぶて。
それでいて、いまでもうるさいほど光ファイバー勧誘のDMを送りつけてくる。
NTTはもう3つほど分割したほうがいいのではないか
by ONDTP | 2006-07-10 11:04 | 立腹コラム
ご無沙汰いたしております。
a0022814_13104112.jpg
    東京神田神保町 7月6日

ご無沙汰でした。
各方面からご心配を頂きありがとうございました。
わたしは、五十肩も腰痛、ブログ症候群も無く、いたって元気です。

a0022814_13112298.jpg
     東京神田神保町 7月6日

更新が停滞しているのは、梅雨のうっとうしい天候のせいで写真を撮る気になれなかったからです。もうひとつ、実は「カメラ的日乗」の引っ越しを予定していて、その準備(勉強)に没頭していた事情もあります。
予定していたNUCLEUSへの移行はわたしにはまだ敷居が高いことがわかったので、とりあえずはカスタマイズ性の高い別のホスティング・サービスのブログに引っ越します。入れ物のカスタマイズがやっと完了したので近日中にそちらに移るつもりです。
「カメラ的日乗3.0」(笑)になります。
その時は改めてご報告します。

a0022814_13141093.jpg

a0022814_13143468.jpg

a0022814_13144630.jpg
     葛西臨海公園 7月8日

最近はあまり業界情報を見てないんですが、気になっているカメラの一つは、
おもいっきり強気の価格で登場してきたパナソニックのL1です。
家電メーカーのカメラなんて…プッ(笑)
なんていう意識はわたしにはなくて、LC1ユーザーとしてそれなりの親近感をパナソニックに持ってもいます。しかし、一眼レフカメラという製品は規模がいくら大きくても新規参入の企業においそれと作れる代物ではないと思います。パナソニックは一眼レフをちょっとなめてかかっているところがないですか?
L1が本当に価格に見合うカメラならいいんですが、もしお金持ちの特権意識をくすぐるライカの価格戦略だけを拝借したのだとしたら、この一眼レフ王国のニッポンで勝ち抜くことはまずできないでしょう…、などとよけいな心配をしてしまうほどの高値設定です。
競合(強豪)カメラより高い価格設定は、「別格」のカメラと認識されて初めて成立する戦略です。別格と呼べるほどの一眼レフカメラを初めての経験でいきなり作れるのかパナソニック。大丈夫かい、L1。
by ONDTP | 2006-07-09 13:22 | カメラ的日乗