GRDはそろそろ購入時期です
姉歯秀次1級建築士のインタビューをテレビで見ましたが、事態の深刻さを自覚できていないですねえこの人は。48歳ということですが言ってることはまるで子供です。自分の虚偽設計を棚に上げて、ちゃんとチェックできない方が悪いといわんばかりで、本当に「困ったちゃん」です。建築士の資格取り消しは当然だし、いずれ刑事告発になるでしょうね。
審査会社も、計算式までチェックできないというのは正直なところだとしても、当事者がそれを言ったら、自分の存在を否定することになってまずいでしょうに。
それに、建築士は国家資格だし、国の責任においてやるべき審査を民間企業に委託している行政にも監督責任がある。民間会社のせいにばかりするわけにはいかんでしょう。
なんだかあちこちゆるんでますなあ、このところ。
いずれにしても、欠陥マンションに住んでいることがわかった人たちは、責任うんぬん以前に地震が心配でしょうがないでしょうね。


これもひどいですねえ。旧厚生省はあいかわらずです。
インフルエンザ治療薬のリン酸オセルタミビル(商品名タミフル)を飲んだ後、日本の16歳以下の子供12人が死亡していたと、米食品医薬品局(FDA)が発表した。日本の厚生労働省はこれまで因果関係は薄いとみて、死亡例は把握しながら死亡数を統計としてまとめておらず、インフルエンザシーズンを前に、日本国民は米国から実態を教えてもらう形になった。(毎日新聞より)

「死亡するかどうかは医師の措置にもよる。副作用の種類を公表する方が重要だと考えてきた」
…って、厚労省は姉歯といい勝負だ。


a0022814_8495018.jpg


早々とファームウェアを公開したGRDは親切というべきか、もっとはじめからちゃんと作れよというべきか判断に迷います。なにしろ、スポットAFモードが少し暗くなったらまるで合焦しないという、カメラの基本機能にかかわる不具合だったので、文句のひとつ言ってもクレーマーにはならんでしょう。
しかし、この不具合が改善されたのはありがたい。ここは率直にありがとうと認めましょう。パナソニックなどはファームアップなどこんりんざいやらんから。
ところが、そのファームウェアアップが何度やっても失敗の連続…。説明通りやってるんですけどねえ。どうなってるんでしょう。トホホ。最近は、PCのクラッシュによる心的外傷後ストレス障害なのでトラブルに弱い体質になっております。

GRDといえば新しく出荷されたものはいろいろ改善されているようですよ。わたしのは電池蓋がゆるくてぐらぐらしますが、今のはしっかりしています。シリアル番号2000番台のものは改善されていて、1000番台は問題が多いらしいです。わたしのはばっちり1000番台です。
ここまで様子を見ていた方もそろそろ購入時期ですよ。わたしも人柱の役目をこの辺で終了させてもらいたいと思います。いいカメラですよGRDは。
by ondtp | 2005-11-19 08:53 | GR DIGITAL
<<  GRDは入院中です。 Subways #01 >>