Natura Classica FirstImpression#02 ボディデザイン他
a0022814_10311268.jpg
Natura Classica

昨日も書いたことですが、Natura Classicaのズームの中間焦点距離とF値をフジは企業秘密として教えてくれません。電話に出たのは若い女性だったので、本当にこれが企業としての正式な対応かどうか疑問です(本人は自信をもって企業秘密だと言っておりましたが)。しかし、それ以前にこの女性がわたしの質問の意味を理解していたのかどうかも疑っています(答えを口ごもっていましたからね)。焦点距離(画角)という感覚ががもともとない人だったのかもしれません。Natura Classicaはマニアックなカメラではないし、窓口で対応する人も技術系の人ではないでしょうから。
自分の使っているカメラの焦点距離もF値もわからないというのはもどかしいものです。これがデジカメだったらExifで判明するんですが、フィルムカメラではそうもいきません。フジもこれぐらい教えてくれても問題ないと思うんですけどね。

a0022814_10342397.jpg
Natura Classica

ボディデザインと操作性、その他

ボディデザイン
Naturaに比べてもかなりチープで、強く握ると壊れそうです。軽いこと(155g)がチープ感を強調していてます。カメラは軽いと安っぽく感じるものですから。
デザインは気に入っています。しかし、デザインというのは素材とマッチしていないと十分に魅力を発揮できないものです。かっこいいデザインはそれに見合った素材でないとかえってバランスの悪い印象を与えてしまいます。画像で見た印象と、手に持ったチープ感のギャップにがっかりするかも知れません。高級感のあるアドバンスドClassicaの発売を期待したいところです。

操作性
メニューボタンは小さくて操作しやすいとは言えません。Naturaは背面の大きな液晶で確認しながら十字ボタンで操作できましたが、Classicaはトップの小さな液晶に格下げされていて、Naturaのような一覧性もありません。デジカメのメニューに深く入り込む感じで、チマチマした印象です。個人的には頻繁には使用しないのでそれほど困ることはないですが。
シャッターの位置、トルク、ストロークも悪くありません。半押しと本押しの境目もわかりやすいく好印象です。
ホールド性は良好です。合成革(ゴム?)は指がかりがよくて、吸い付く感じです。

その他
起動もズーミングもまったりしていています。もう少しキビキギ動作してほしいところです。
ファインダーは、決して見やすいとは言えなかったNaturaよりさらに小さく見づらくなっていてこれは残念なところです。
フラッシュを禁止モードにできることがこのカメラの一番の特長と言えるかも知れません。メーカーはコンパクトカメラから自動フラッシュ機能を外すことに相当抵抗を感じているようで、わざわざ「このカメラは自動的にはフラッシュが発光しません」と別紙で断り書きがありました。

a0022814_10351898.jpg
Natura Classica

いろいろ言っても、デジタル全盛時代にこんなフィルムカメラを発売してくれただけで本当はありがたいことだと思っております。
もっと使い込んでからまた報告したいと思います。
by ondtp | 2006-04-13 10:37 | Natura Classica
<<  黒木和雄監督逝去  気ままな小旅行に出かけたいが… >>