ご無沙汰いたしております。
a0022814_13104112.jpg
    東京神田神保町 7月6日

ご無沙汰でした。
各方面からご心配を頂きありがとうございました。
わたしは、五十肩も腰痛、ブログ症候群も無く、いたって元気です。

a0022814_13112298.jpg
     東京神田神保町 7月6日

更新が停滞しているのは、梅雨のうっとうしい天候のせいで写真を撮る気になれなかったからです。もうひとつ、実は「カメラ的日乗」の引っ越しを予定していて、その準備(勉強)に没頭していた事情もあります。
予定していたNUCLEUSへの移行はわたしにはまだ敷居が高いことがわかったので、とりあえずはカスタマイズ性の高い別のホスティング・サービスのブログに引っ越します。入れ物のカスタマイズがやっと完了したので近日中にそちらに移るつもりです。
「カメラ的日乗3.0」(笑)になります。
その時は改めてご報告します。

a0022814_13141093.jpg

a0022814_13143468.jpg

a0022814_13144630.jpg
     葛西臨海公園 7月8日

最近はあまり業界情報を見てないんですが、気になっているカメラの一つは、
おもいっきり強気の価格で登場してきたパナソニックのL1です。
家電メーカーのカメラなんて…プッ(笑)
なんていう意識はわたしにはなくて、LC1ユーザーとしてそれなりの親近感をパナソニックに持ってもいます。しかし、一眼レフカメラという製品は規模がいくら大きくても新規参入の企業においそれと作れる代物ではないと思います。パナソニックは一眼レフをちょっとなめてかかっているところがないですか?
L1が本当に価格に見合うカメラならいいんですが、もしお金持ちの特権意識をくすぐるライカの価格戦略だけを拝借したのだとしたら、この一眼レフ王国のニッポンで勝ち抜くことはまずできないでしょう…、などとよけいな心配をしてしまうほどの高値設定です。
競合(強豪)カメラより高い価格設定は、「別格」のカメラと認識されて初めて成立する戦略です。別格と呼べるほどの一眼レフカメラを初めての経験でいきなり作れるのかパナソニック。大丈夫かい、L1。
by ONDTP | 2006-07-09 13:22 | カメラ的日乗
<<  NTT 返事はまだか!  クロス現像(FUJI PRO... >>